安房のあらまし » ページ詳細
●本田存(ほんだ・ありや)

1870(明治3)?〜1949(昭和24)


「日本一のカッパ中学を育てた師」

群馬県館林生まれ、水泳は水府流太田派を極め、柔道は講道館8段。東京高等師範学校(現筑波大学)の水泳師範として、来房。1903(明治36)年から30余年、北条に住み、開校3年目の安房中学で指導をおこなう。当時、日本水泳界を代表する強豪校である第一高等学校と東京師範高等学校が鏡ヶ浦で水練を実施しており、1906(明治39)年、当地で開催された第1回関東連合遊泳大会に安房中学も参加している。師の薫陶を受け、熱心に後進の指導にあたる伝統を継承した安房中学(現安房高校)水泳部は「カッパ中学」の異名をとり、関東中学大会で常に上位入賞し、1947(昭和22)年には全国中等学校水泳選手権大会と国民体育大会で全国制覇している。

お墓は金台寺にある。安房高校では、現在もその流れを継いだ古式泳法部があり、活躍している。


...◎あわ・がいどB『海とともに生きるまち』より抜粋...

09年6月11日 30,687

特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム

旧称:南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム(2008年5月に現在の名称に変更)

〒294-0036 千葉県館山市館山1016-1さらしな館

Copyright (C) 2007 bunka-isan.awa.jp All Rights Reserved