安房のあらまし » ページ詳細
●多々羅(たたら)義雄 1894(明治27)〜 1968(昭和43)

福岡県能古ノ島生まれ。1910(明治43)年、亡くなる前年の青木繁に佐賀で出会い、洋画を学ぶ。 翌年16歳で上京、1922(大正11)年頃に布良で描いた『房州布良を写す』-千葉市美術館蔵-は、中村彝の『海辺の村(白壁の家)』と同じモチーフと考えられる。1950(昭和25)年に太平洋画会代表となり、1952(昭和27)年に光陽会を設立。

16年1月11日 13,684

特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム

旧称:南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム(2008年5月に現在の名称に変更)

〒294-0036 千葉県館山市館山1016-1さらしな館

Copyright (C) 2007 bunka-isan.awa.jp All Rights Reserved