!! 見る 聞く 学ぶ 集う 安房国(あわのくに)再発見 !! 千葉県・南房総・館山まるごと博物館

お知らせ » 記事詳細

ノーベル賞の大村氏、小谷家保存にも貢献

ゆかりの館山からも喜びの声

(房日新聞2015.10.7付)‥⇒印刷用PDF

今年のノーベル医学・生理学賞に輝いた大村智氏は、美術を愛する科学者としても知られる。洋画家・青木繁が「海の幸」を描いた館山市布良の小谷家住宅の保存を目指す「NPO法人青木繁『海の幸』会」の理事長も務めており、ゆかりのある館山からも喜びの声があがった。

「賞の候補になっていることは知っていたが、テレビのニュース速報を見てびっくり。夫婦で『やったー』と喜びあった。小谷家保存の応援団長で、当家にとっても大変な名誉。本当にうれしい」。現小谷家当主の小谷福哲さん(64)は喜ぶ。

大村氏は、私財を投じて美術館を開設するなど美術への造詣が深く、美術関係者によって立ち上げられた同NPOの理事長に平成21年に就任、小谷家の保存にも力を尽くしている。

「温厚で思いやりがある方。小谷家住宅保存の旗振り役で、テレビで『人のためになることを』と紹介されていたが、まさにその通りの人物」とたたえる。

館山には数回訪れており、25年には保存に向け300万円を市にふるさと納税で寄付。昨年8月にはオマージュ展と修復が進む小谷家を視察している。

その際、小谷家を案内した地元保存会事務局の愛沢伸雄さん(63)は「『(保存に向けた)お金を集める呼び掛けはするので、地元で保存活動を頑張ってほしい』と声を掛けていただいた。地域の文化財を守り、活用する取り組みを応援してもらいうれしかった」。

「気さくでフランクな方。有名な先生とは知っていたが、ノーベル賞とは。驚きました。心から祝意を伝えたい」と祝福する。

小谷家は今年度末に修復を終え、来年4月に公開予定。「オープンの日は大村先生に館山に来てもらいたい」。実は愛沢さんは昨年夏の段階に大村氏に打診。予定が空いていた4月24日をオープン日に決め、大村氏の手帳に直接書き込んでもらっている。

「ノーベル賞受賞で忙しくなってしまうと思うが、ぜひ館山に来てもらい一緒にオープンを祝ってほしい」と期待していた。

【写真説明】昨年8月のオマージュ展に館山を訪れた大村氏=館山コミセン


添付ファイル名ファイルの説明/概要サイズ(B)
ul1007135836.pdf 印刷用PDF 388,810
15年10月7日 8,584

特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム

旧称:南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム(2008年5月に現在の名称に変更)

〒294-0045 千葉県館山市北条1721-1

Copyright (C) 2007 bunka-isan.awa.jp All Rights Reserved