お知らせ » 記事詳細

赤山地下壕跡来場者30万人突破

(読売新聞2018.10.21付)

県内最大規模の戦争遺跡ともいわれる館山市宮城の赤山地下壕(ごう)の来場者が、2004年4月に公開を開始して以来、30万人を突破した。

30万人目となったのは県内を拠点に活動する「コープみらい地域クラブ平和を伝える会」のメンバー17人。17日に赤山地下壕を訪れ、出山裕之市教育長から「赤山地下壕クリアファイル」が贈られた。同会メンバーで船橋市の土佐茂春さん(67)は「戦争を繰り返してはいけない」と話していた。

10月21日07時55分 97

特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム

旧称:南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム(2008年5月に現在の名称に変更)

〒294-0036 千葉県館山市館山1016-1さらしな館

Copyright (C) 2007 bunka-isan.awa.jp All Rights Reserved