お知らせ » 記事詳細

ちばアート祭きょうから

県立美術館など

(読売新聞千葉2019.8.14付)

2020年東京五輪・パラリンピックを見据えて県の文化的な魅力を発信しようと、県は14日から、千葉市中央区の県立美術館と千葉ポートパークで「ちばアート祭」を開く。初の試みで、アート展示のほか、「ちば文化資産」をテーマにした写真や絵の展覧会も行われる。25日まで。

ちば文化資産は、次世代に残したい祭りや建造物など計111件。県が昨年、県民投票の結果などを踏まえて選んだ。

県立美術館では、県が今年2〜5月にちば文化資産をテーマに募集した写真や絵画約550点が展示される。県内の学生が制作し、光や音の変化を楽しめる芸術作品も展示される。

千葉ポートパークでは、LEDを使った作品が並び、夜間にライトアップされる。

入場無料。県立美術館は19日休館。ライトアップは期間中の各日午後6時〜同8時50分。問い合わせは運営事務局(03・4580・9117)へ。


※「ちば文化資産」とは、千葉県の文化や魅力を特長づけるモノやコトとして

青木繁「海の幸」記念館・小谷家住宅はじめ111件選定している。

‥⇒公式サイトhttps://www.chiba-art2019.com/

8月14日16時35分 87

特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム

旧称:南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム(2008年5月に現在の名称に変更)

〒294-0036 千葉県館山市館山1016-1さらしな館

Copyright (C) 2007 bunka-isan.awa.jp All Rights Reserved