お知らせ » 記事詳細

県文化財「安房南高の第一校舎」

昭和初期の建築27日公開

(朝日新聞千葉版2018.10.16付)…⇒印刷用PDF

県指定文化財(建造物)の「県立安房南高校旧第一校舎」が27日に一般公開される。淡いピンク色の外壁が目を引く木造2階建てで、玄関を中心に左右対称の造りが特徴。昭和初期の学校建築の姿を伝える建物だ。

県教育委員会によると、前身の県立安房高等女学校の校舎が1923年の関東大震災で倒壊したため、7年後に現在の場所に移転した上で耐震構造で新築された。ガラス窓のダイヤ形の桟など、さりげない飾りが随所に施されている。学校は、2008年に安房高校と統合して閉校するまで女子高として続いた。

午前10時〜午後3時。入場無料。ガイドツアーのほか、安房高校の書道部のパフォーマンス、吹奏楽部の演奏、美術部や写真部の作品展示などもある。問い合わせは県教委文化財課(043・223・4130)

(寺崎省子)


添付ファイル名ファイルの説明/概要サイズ(B)
ul1019174523.pdf 印刷用PDF 438,166
10月16日17時45分 47

特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム

旧称:南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム(2008年5月に現在の名称に変更)

〒294-0036 千葉県館山市館山1016-1さらしな館

Copyright (C) 2007 bunka-isan.awa.jp All Rights Reserved