お知らせ » 記事詳細

旧南高を一般公開 27日 館山

ガイドツアーも3回予定

(房日新聞2018.10.19付)…⇒印刷用PDF

県指定有形文化財の旧県立安房南高校木造校舎(館山市北条)が27日、一般公開される。ガイドツアーや歴史が分かる古写真ギャラリーなどがある。翌28日は、同校の歴史について語り合うオプション企画「ミニ講座&証言の会」が行われる。入場無料。

木造校舎は、古い日本の木造建築と新しい西洋建築の要素を融合させ、昭和5年に建てられた。左右対称に大きく羽を広げたようなデザインが特徴で、ダイヤ型のレリーフなど装飾的な見どころも多い。校舎は現在、ドラマや映画の撮影場所として活用されている。

一般公開は、郷土の文化財の理解を深めるとともに、文化財を活用したイベントとして県教委と安房高により毎年実施。今年は、NPO法人安房文化遺産フォーラムが企画運営し、安房高等女学校木造校舎を愛する会が協力している。

公開は午前10時から午後3時まで。校舎のガイドツアーは3回(午前10時、11時半、午後2時)で外観を含む校舎の見どころの解説を聞きながら巡る。

校舎内では、写真や資料、制服などを展示。ぬか雑巾での木造校舎の床磨き体験もある。

安房高の生徒らも協力。美術部の黒板アート、写真部の作品展があり、書道部が書道パフォーマンス(午前11時、午後1時半)、吹奏楽部が演奏(午後1時)を披露する。安房高と安房南高ゆかりの教職員による美術展や安房地域の歴史文化を紹介するコーナーも設置される。

翌28日のオプション企画は、同校の歴史調査を進める安房文化遺産フォーラムと安房高等女学校木造校舎を愛する会が主催。歴史を聞き、思い出を語り合う場にしたいという。「写真や記録をお持ちの方はご持参ください」と呼び掛けている。時間は午後1時半から3時まで。問い合わせは、安房文化遺産フォーラム(090―6479―3498)へ。


‥⇒一般公開のチラシはコチラ


添付ファイル名ファイルの説明/概要サイズ(B)
ul1019172815.pdf 印刷用PDF 627,909
10月19日11時45分 62

特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム

旧称:南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム(2008年5月に現在の名称に変更)

〒294-0036 千葉県館山市館山1016-1さらしな館

Copyright (C) 2007 bunka-isan.awa.jp All Rights Reserved