!! 見る 聞く 学ぶ 集う 安房国(あわのくに)再発見 !! 千葉県・南房総・館山まるごと博物館

お知らせ » 新着記事一覧

東京湾をまるごと博物館に

館山とおこすかNPOがシンポ〜観光とは異なるアプローチを

(房日新聞2013.7.30付)

[ .. 全文表示へ ]

13年7月30日 5,784

海の幸は青春の輝き

ふるさと講座 吉武教授語る 館山

(房日新聞2013年7月25日付)

館山市中央公民館の「第2回ふるさと講座-『海の幸』の輝き」が20日、同市コミュニティセンターで開催された。女子美術大学の吉武研司教授が、青木繁の生涯や作品の魅力について語った。

同市布良で青木繁(1882〜1911)が描いた代表作「海の幸」(重要文化財)を中心に、美術史や海の幸以外の青木繁が描いた作品、西洋絵画などを紹介しながら画家の視点から青木の芸術性について話した。

吉武教授は、女子美の宿泊研修で、10年以上前から同市布良を訪れ、学生らに、海の幸を描くきっかけとなった漁村風景や小谷家などを見学させて来た。現在は、青木が宿泊した小谷家の修復と保存の活動団体として、NPO青木繁「海の幸」会理事も務めている。

吉武氏は、青木と同じ九州の生まれで、幼いころから身近に感じてきたことなどを語り、「青木の海の幸には日本人の文化があり、日本人のにおいのする作品だと感じている」と日本人の誇りが感じられる作品と説明。

海の幸を制作した時期は、青木が青春を迎えていた若者で、しかも西洋の油絵を歴史からしっかりと学び、恋人の福田たねと出会い、そのたねと友人を連れて小谷家で過ごした時期であっあとし、「日本の近代化という世界へ向けていく時代背景と青木の青春時代が交差するところで作品『海の幸』が生まれ美しい輝きが出たようだ。この1点だけ残すことで絵描きとしては幸せだった」と語りかけた。

13年7月25日 3,909

東京・銀座でオマージュ展

「青木繁」敬愛の作品展示8月2日まで

[ .. 全文表示へ ]

13年7月20日 4,027

若手団員がミュージカル披露

休校の富崎小で合宿の劇団「歌舞人」

[ .. 全文表示へ ]

13年4月24日 4,028

若手劇団員が稽古合宿

休校の富崎小 21日に舞台上演

(房日新聞2013.4.19付)

[ .. 全文表示へ ]

13年4月19日 4,041

【講演抄録】 (2013年2月23日 房日新聞)

内村鑑三の進路を変えた布良の神田吉右衛門翁

潜水器アワビ漁を村有に、卓越した漁村のリーダー

千葉の海と漁業を考える会代表 平本紀久雄氏

印刷用PDF

[ .. 全文表示へ ]

13年3月23日 4,042

富崎小会場にイベント

あす子どもと地域を考える

(房日新聞2013.2.22)

[ .. 全文表示へ ]

13年2月22日 4,112

NPO青木繁「海の幸」会大村理事長が300万円寄付

青木繁ゆかりの小谷家保存に

(房日新聞2013.2.20付)

[ .. 全文表示へ ]

13年2月20日 4,397

内村鑑三を宗教家に導いた漁業家・神田吉右衛門業績を紹介

アワビの富を分配、漁民教育も

17日 館山で講座

(朝日新聞2013.2.15付)‥⇒印刷用PDF

[ .. 全文表示へ ]

13年2月15日 4,081

特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム

旧称:南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム(2008年5月に現在の名称に変更)

〒294-0045 千葉県館山市北条1721-1

Copyright (C) 2007 bunka-isan.awa.jp All Rights Reserved