お知らせ » 記事詳細

第16回里見の道ウォーキング

〜滝田城跡から稲村城跡へ〜

.

戦国時代初期、房総里見氏の居城であった稲村城跡とともに、主要城郭だった滝田城跡は、「平群の道」を押さえる重要な地にあり、里見義豊の家臣一色九郎の居城でした。「天文の内乱」で義豊が敗れ表舞台に登場しなくなりましたが、城内で竪堀が一筋あることから、戦国時代末期まで使用されていた可能性があるといわれています。

その滝田城跡と稲村城跡を結ぶ歴史の道を歩いてみませんか。

.

【日時】2008年3月8日(日)10:00〜

【集合】9:50滝田郵便局前または9:15館山駅日東バス停

【参加費】200円(保険料・資料代)

【行程】11km

【主催】里見氏稲村城跡を保存する会

【共催】NPO法人安房文化遺産フォーラム

08年3月8日 5,532

特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム

旧称:南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム(2008年5月に現在の名称に変更)

〒294-0045 千葉県館山市北条1721-1

Copyright (C) 2007 bunka-isan.awa.jp All Rights Reserved