館山まるごと博物館 » ページ詳細

戦争末期に空襲から戦闘機を守るために作られた格納庫。河岸段丘を利用し、学生や住民、兵士たちによってつくられた。

作り方は、土マンジュウを盛った上に木材等の資材でおおって形を整え、その上にコンクリートを流し、固まった後に土マンジュウを崩し除く。赤山周辺だけでも10基余りあったが、現存するのはこの1基のみ。

館山市内には、山すそに掘られた大型洞窟式の爆撃機用掩体壕も残っている。


※下段添付の掩体壕パンフレットは、2006年3月に東京大学教育学部付属中等教育学校5年在学の石川貴裕さんが、「戦争遺跡を通して学ぶ平和学習」をテーマに自由研究を行なった際に制作したものである。


添付ファイル名ファイルの説明/概要サイズ(B)
ul1223081656.pdf 掩体壕パンフ(石川貴裕作成) 1,570,320
09年2月3日 24,172

特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム

旧称:南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム(2008年5月に現在の名称に変更)

〒294-0036 千葉県館山市館山1016-1さらしな館

Copyright (C) 2007 bunka-isan.awa.jp All Rights Reserved