お知らせ » 新着記事一覧
表示順: 新着順 掲載順 ランダム

赤山地下壕のガイドサービス


11月3日(祝)6日(日)10:00〜12:00

個人・小グループを対象にガイドサービスを行ないます。


通常は、団体対象に有料でガイドを行なっています。

詳細はコチラ


ガイドブック希望の方は、600円で購入できます。


別途、見学料については館山市ホームページを参照ください。

http://www2.city.tateyama.chiba.jp/Guide/?stoid=1892

11年11月1日 2,424

2011年3月11日(金)午後2時46分、東北地方の三陸沖を震源として、

国内観測史上最大の地震が起き、それに伴う大津波によって、

広域県にわたる大被害が起きています。

マグニチュード9と発表されました。

[ .. 全文表示へ ]

11年3月13日 3,442
酒々井まちづくり研究所

第3回輝く創年とコミュニティ・フォーラム〜創年が地方を創生する〜

[ .. 全文表示へ ]

15年10月23日 6,490

里見氏城跡国史跡指定へ!!

館山市「稲村城跡」と南房総市「岡本城跡」16年の保存活動実を結ぶ


ご報告とお礼

会員の皆様には日頃、当会の活動に対しまして温かいご支援ご協力をいただき大変ありがとうございます。1996年月に誕生しましたこの会も月日を重ね16年目になり、保存と史跡化をめざして、さまざまな活動をおこない、保存・史跡化の緊急署名は全国から1万筆、主催事業の参加者は延べ2万人にいたりました。この5年ほどは、私も関わり館山市教育委員会によって「国史跡指定」の調査検討委員会を重ね報告書を作成するとともに、市教委担当者と地元関係者が地元の稲村城跡共有地の地権者の皆様からご同意をいただくために精力的な取り組みがおこなわれたと聞きます。2011年7月末には、その努力が実って文化庁に意見具申書を提出したと市議会で報告されています。

今回、11月18日に開催された国の文化審議会文化財分科会では審議・議決がおこなわれ文科大臣に答申されたと報道され、当会の代表である私にも取材がありました。市教委からは官報告示後に「国史跡指定」となるとの連絡をいただきました。

1996年以来、16年にわたる保存運動が大きく実って、皆様が念願していた里見城郭群「国史跡指定」への一歩が踏み出されました。来年には長年ご支援していただいた研究者の皆様を招いて、地元地権者や保存運動を支えていただいた皆様への感謝と「国史跡指定」記念の集いを開催して、会員の皆様方と喜びたいと思っております。追って詳細はご連絡いたします。この間に他界された会員の皆様方をはじめ、現在の100余名の会員の皆様方の長年にわたる温かいご支援ど協力に深く感謝いたします。ありがとうございました。

里見氏稲村城跡を保存する会 代表 愛沢 伸雄


11年11月21日 3,673

卒寿記念・第33回・秋山巌版画展


卒寿を迎えられた秋山巌先生の第33回目の展覧会を開催いたします。

本展では、ライフワークである山頭火やフクロウの最新作を中心に、

滋味豊かな作品50余点を展示いたします。

また同時に、動物をテーマに独特の世界観で表現される秋山豊英先生の

木版画展も開催いたします。

是非、この機会にご来場、後高覧賜りますようご案内申し上げます。


■日時:平成23年3月17日(木)〜3月23日(水)

福屋八丁堀本店7階美術画廊


【プロフィール】

1921年=大分県竹田市生まれ

1941年=海軍落下傘部隊(横須賀鎮守府第三特別陸戦隊)として、館山海軍航空隊で3ヶ月間降下訓練の後、

12月に台湾で最終調整、翌42年2月ティモール島ク―パンへの奇襲攻撃に参加

1943年=館山海軍砲術学校にて特殊訓練の再教育を受ける

…⇒⇒2010.1.23館山での講演「館山の空を飛んだ落下傘兵から版画家へ」抄録(房日新聞)はコチラ

1941年=ラバウルにて敗戦、豪兵の捕虜となる

1942年=復員

戦後、太平洋美術学校にて坂本繁二郎に師事

1756年=棟方志功に師事、版画家の道へ

1970年=種田山頭火をモチーフにした俳画を発表

2003年=フランス・ビエンナーレ展招待出品

【所蔵】

・大英博物館(イギリス・ロンドン)

・ヴィクトリア国立美術館(オーストラリア・メルボルン)

・イスラエル国立美術館(イスラエル・ハイファ)

・ボン大学(ドイツ)

・スコットランド国立美術館(スコットランド)…他

11年3月14日 3,892

館山市の戦争遺跡「赤山地下壕」は、

東北地方太平洋沖地震の影響により休壕となっていましたが、

4月18日(月)より見学が再開されました。

安全に注意して、ご見学ください。


※ただし4月24日(日)は、館山市議選に伴い投票所となるため、休壕となります。


=管理者:館山市教育委員会生涯学習課⇒HP

11年4月18日 3,337

安房医療介護福祉連携・東日本大震災(AWA311-MCW)」は、被災された方々の生活の支援を中長期的視野で考え、住居環境とともに医療と介護のサポート体制を整えて、被災地からの要介護者の受け入れをはじめ、被災地への看護・介護の応援要員の派遣、石巻市世帯健康調査への協力などの活動を行なってまいりました。

会の活動はボランティアで行なっておりますが、交通費等の活動実費に充てるためにある程度の資金が必要です。趣旨をご理解いただきカンパにご協力いただければ幸いです。どうぞよろしくお願い申し上げます。


■カンパの使途

・高速道路通行料金(富浦⇔石巻河南)往復28,200円(ETC・割引なしの場合)

・ガソリン代=車種によりおおむね18,000〜25,000円前後

・その他、文房具代、物資搬送のための梱包資材代等


■カンパ受け入れ口座

*ゆうちょ銀行から振込の場合

記号:10550 番号:30618601

口座名義:AWA311-MCW(アワサンイチイチ-エムシーダブリュー)

*ゆうちょ銀行以外の金融機関からの振込の場合

店名:058(読みゼロゴハチ)店番:058

預金種目:普通預金

口座番号:3061860

口座名義:AWA311-MCW(アワサンイチイチ-エムシーダブリュー)


振込手数料について

郵便局に口座をお持ちの方は、お振込される金額に関係なく、

窓口では140円、ATMは無料です。

郵便局に口座をお持ちでない方で、郵便局で振込手続きをされた場合は、

3万円未満が525円、3万円以上が735円かかります。

郵便局以外の金融機関からの振込手続にかかる手数料につきましては、

各金融機関によって違いますので、ご確認ください。


問合せ窓口:花の谷クリニック0470-44-5363(野口・渡辺)



※【AWA311-MCW】の詳細はこちら。⇒http://bunka-isan.awa.jp/News/item.htm?iid=584

11年4月20日 5,667

クラウドファンディング・支援の輪に挑戦!

ウガンダの子どもたちのため活動車両を買い替えよう!

クラウドファンディングHP

チラシ印刷用PDF

〜安房(あわ)の高校生がウガンダの子どもたちへの支援を続けて23年〜

[ .. 全文表示へ ]

8月31日21時00分 3,567

没後100年青木繁展〜よみがえる神話と芸術

◎期間=2011年3月25日(金)〜5月15日(日)

◎会場=石橋美術館(福岡県久留米市)

◎開館時間=10〜17時(入館は16時半まで)

◎休館日=月曜日(5月2日は開館)

◎入場料=一般1,000円(800円)、65歳以上700円(500円)、大高生500円(400円)、中学生以下無料

※()内は15名以上の団体料金

⇒⇒印刷用パンフレットはコチラ

◎プレイベント……14:00〜16:00、聴講料1,000円

*3/12(土)米倉斉加年、青木繁を語る

◎ギャラリートーク……14:00〜14:20、参加無料(入館料のみ)

=開催日:3/26(土)27(日)、4/2(土)3(日)10(日)17(日)24(日)、5/7(土)8(日)15(日)

◎美術講座……14:00〜15:30、聴講料300円

*4/9(土)「青木繁 実像と小説のあいだ」渡辺洋氏(神戸大学名誉教授)

*4/16(土)「青木繁と日本前衛の前夜=v長田謙一氏(首都大学東京教授)

*4/23(土)「青木繁の生涯と芸術」植野健造氏(同館学芸員)

*5/14(土)「布良という聖地…《海の幸》が生まれた場所」貝塚健氏(ブリヂストン美術館学芸員)


【参考】

○京都展2011.5.27(金)〜7/10(日)京都国立近代美術館

○東京展2011.7.17(日)〜9.4(日)ブリヂストン美術館

⇒⇒巡回3館共通パンフレット(P.8)はコチラ


[ .. 全文表示へ ]

11年3月9日 6,767

特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム

旧称:南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム(2008年5月に現在の名称に変更)

〒294-0036 千葉県館山市館山1016-1さらしな館

Copyright (C) 2007 bunka-isan.awa.jp All Rights Reserved