お知らせ » 新着記事一覧
表示順: 新着順 掲載順 ランダム
戦争遺跡保存全国シンポジウム三重大会の成功を!

[ .. 全文表示へ ]

12年5月1日 4,449

里見氏城跡(稲村城跡・岡本城跡)国史跡指定記念

-シンポジウム「関東戦国史にみる里見氏」と祝賀のつどい-

主催 里見氏稲村城跡を保存する会

案内状と申込書はコチラ


■日時:2012年 4月14日(土)

■会場:たてやま夕日海岸ホテル

◆講演とシンポジウム「関東戦国史にみる里見氏」

【参加費】無料

【時間】開場:12時30分、開会:13時00分〜16時15分

【映像と解説】国史跡・里見氏城跡(稲村城跡・岡本城跡)の紹介

・遠山 成一(千葉城郭研究会)

【講演】

・峰岸 純夫(東京都立大学名誉教授)

・佐藤 博信(千葉大名誉教授)

・滝川 恒昭(千葉城郭研究会)

【シンポジウム】

・峰岸 純夫(東京都立大学名誉教授)

・佐藤 博信(千葉大学名誉教授)

・黒田 基樹(駿河台大学教授)

・滝川 恒昭(千葉城郭研究会)

・コーディネーター :岡田晃司(館山市立博物館長)

◆『南総里見八犬伝』の世界

【時間】16時30分〜17時30分

【参加費】無料

・劇団「貝の火」による人形劇『南総里見八犬伝』実演

・写真展・里見の語り部(『南総里見八犬伝』

◆祝賀のつどい

【時間】開場17時30分、開宴18時00分〜20時30分

【参加費】7,000円(記念誌代を含む) ※ 要申込み


■国史跡めぐり(稲村城跡・岡本城跡)バス見学会

【日時】翌4月15日

【参加費】無料

【対象者】宿泊参加者

.

◎ 参加希望者は、事前に申込書(FAXまたはハガキ)にてご予約ください。

◎ 祝賀のつどい参加者には、里見氏に関する論文を掲載した「記念誌」(記念はがき・講演レジメ資料)を贈呈します。

・講演とシンポジウム・催しでは「記念誌」(記念はがき・講演レジメ資料)を2,000円で頒布いたしますので、ご協力いただけると幸いです。

なお、冊子のみは1,500円です。

・郵送希望者は、「記念誌」(記念はがき・講演レジメ資料)・送料手数料込で2,000円をお振込ください。

=振替口座 00150-9-729423 名義: 里見氏稲村城跡を保存する会=


【問合先】=TEL&FAX:0470-22-8271 携帯090-9688-5799(愛沢)

【後 援】 =千葉県・千葉県教育委員会・館山市・館山市教育委員会・南房総市・南房総市教育委員会

館山市コミュニティ連絡協議会・稲地区稲村城跡利活用委員会

館山商工会議所・館山市観光協会・館山青年会議所・たてやまコミニティビジネス研究会

文化財保存全国協議会・千葉城郭研究会・房総里見会・全国里見一族交流会

里見氏大河ドラマ化実行員会・NPO法人安房文化遺産フォーラム・NPO法人ミューズ安房

NPO法人たてやま海辺のまちづくり塾

12年3月22日 6,260

⇒東北地方太平洋大地震の影響により延期となりました。

.

地域遺産フォーラム2011*第二のふるさとづくりへの提言

〜ヘリテージツーリズムの可能性を探る〜

.

近年、自然や歴史的環境への関心が高まりをみせる一方で、それらの地域遺産を支える活動は担い手や後継者の不足、安定的な財源の不足等の課題を抱え、大変厳しい状況にあり、ともすれば長い歳月をかけて地域で培われてきた貴重な地域遺産を喪失しかねない危機的状況にあります。

一方、地域では、アートを活用した地域プロデュース、民間企業やNPO によるまちづくりと連携したランドオペレータの取り組み、企業と大学との連携・協働といった多様な取り組みが見られます。それらの取り組みを地域遺産の保全、継承という視点から捉え、共通する課題や相互にサポートできる事柄について議論を行い、「ヘリテイジツーリズム」の可能性を探ることを目的とし、フォーラムを開催いたします。

.

■日時=2011年3月14日(月)13:00〜20:00

■会場=求道会館(東京都文京区本郷6 丁目20-5)

■参加費=無料(要事前申込み)⇒⇒案内&申込書をコチラ

■主催=財団法人日本ナショナルトラスト

■後援=観光庁、(社)日本観光協会

... (社)日本ツーリズム産業団体連合会

... (社)日本旅行業協会、北海道大学観光学高等研究センター

⇒⇒印刷用案内PDFはコチラ

■プログラム

【プレイベント】15:00 求道会館見学ツアー(先着30 名) ※要予約

【開場】15:30 受付開始

【開会】16:00

・あいさつ=筒居 博司(財団法人日本ナショナルトラスト理事長)

・趣旨説明=鈴木 伸治氏(横浜市立大学准教授)

【第1部】 事例報告

・北川 フラム氏(アートディレクター、大地の芸術祭・瀬戸内芸術祭総合ディレクター)

・山田 拓氏(株式会社美ら地球代表取締役)

・臼井 冬彦氏(北海道大学特任教授)

・松尾 秀行氏(琴引浜鳴き砂文化館館長)

・石田 正明氏(横手市増田地域局地域振興課兼産業経済部観光物産課)

【 休 憩 】

【第2 部】 ディスカッション「ヘリテイジツーリズムの可能性」

・事例報告者

・コーディネータ 鈴木 伸治氏(前掲)

・コメンテータ 西村 幸夫氏(東京大学教授・JNT 観光資源専門委員)

【 閉 会 】

※20:15より ご希望者のみ意見交換会 ※要予約・参加費(3,000円)・先着50 名

11年3月6日 3,663
『今こそ戦争遺跡を平和のための文化財に!』

詳細はコチラ

[ .. 全文表示へ ]

14年6月3日 9,069

第44回歴史教育者協議会関東ブロック千葉県集会

第48回千葉県歴史教育研究集会(船橋集会)

-子どもと地域・社会科を考える-

詳細はコチラ

【日時】2015年1月17・18日(土日)

【会場】船橋市勤労市民センター

(千葉県船橋市本町4-19-6 TEL:047-425-2551)

[ .. 全文表示へ ]

14年12月10日 9,899

創年コミュニティ研究大会

-3.11後の克災都市づくり-日本一の自治会で開催!

[ .. 全文表示へ ]

11年6月4日 9,542

千葉歴教協ニュース「なかま」447号=2011.11.27発行


・文人の足跡を手賀沼畔に訪ねる〜館山との縁

==池田恵美子(NPO法人安房文化遺産フォーラム・安房支部)

・我孫子散策==平形千恵子(船橋支部)

・第2回全国大会現地実行委員会の議論から==柄澤守(大会事務局長)

・福岡大会に参加して==白鳥晃司(松戸支部)

・教育科学研究会全国大会に参加して==午腸勲(日本史部会)

・授業実践本原稿A〜赤紙一枚で戦場へ==鳥塚義和(東葛支部)

・石井建夫書評B〜子どもの視点から授業をつくった石井実践==関根千春(鎌ヶ谷支部)

・石井建夫書評C〜石井実践を改めて読んで石井さんを悼む==三橋広夫(千葉支部)

11年11月27日 4,853

全国生涯学習まちづくり研究会神奈川大会

Go Forward 創年時代〜100歳時代をどう生きる〜

‥⇒公式サイト‥‥⇒印刷用PDF)

[ .. 全文表示へ ]

18年5月24日 325

特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム

旧称:南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム(2008年5月に現在の名称に変更)

〒294-0036 千葉県館山市館山1016-1さらしな館

Copyright (C) 2007 bunka-isan.awa.jp All Rights Reserved