ネットワーク » ページ詳細

●カリフォルニア州務長官宜言 太平洋にかかる橋

.

モントレー湾と南房総は、太平洋によって結ばれている同胞であり、モントレー湾と南房総の交流は、100年以上前、七浦村の住民である小谷源之助が太平洋を渡って旅した時に始まった。

1898年、小谷源之助・仲治郎兄弟とア.レクサンダー・M・アレンは、東太平洋において、初の深海アワビ潜水事業を始めた。

1898年から1940年の間、南房総のアワビダイバーの高い技術が太平洋を行き来し、それに伴い、日本・アメリカお互いの技術や文化も行き来した。

両地域の歴史学者は歴史上の関係を再発見し、モントレー湾と南房総の長きに渡る平和的関係を称えるために、2005年9月3日にシンポジウムを開催することを決定した。

このシンポジウムは“太平洋にかかる橋―南房総半島とカリフォルニア・モントレー湾を繋ぐ精神“と題され、子供たちに平和を渡すことにささげられる。

これらのことから、カリフォルニア市民を代表する、私、州務長官ブルースマックファーソンは、南房総の市民とともに、子どものために、太平洋の平和と、更には世界中の平和の促進に身を捧げることとする。

.

2005年9月3日

州務長官 BRUCE McPHERSON

05年9月3日 11,763

特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム

旧称:南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム(2008年5月に現在の名称に変更)

〒294-0036 千葉県館山市館山1016-1さらしな館

Copyright (C) 2007 bunka-isan.awa.jp All Rights Reserved