ネットワーク » ページ詳細

ウガンダに「安房南洋裁学校」の設立

ブログ安房南のウガンダ支援はコチラ。

.

地域の戦跡を活用した平和学習の授業を受けた(旧)千葉県立安房南高校の生徒たちは、世界的視野を養い、自分たちには何ができるのかを模索しはじめました。その結果、戦禍によって孤児とエイズの蔓延するアフリカのウガンダへ支援することを、同校生徒会として決定し、1994(平成6)年、文化祭でウガンダ支援バザーや募金活動をおこない、NGOウガンダ意識向上財団(CUFI)を通じて約1,000ドルの支援金を送りました。

安房南高校のウガンダ支援は、生徒たち自身が身近な問題として関心をもち、平和的な国際貢献として取り組んだボランティア活動であり、「子ども権利条約」の理念を活かした生徒会活動の実践でした。途中、同校の家政科廃止に伴って、職業自立支援を目的に使用していたミシンを送りました。7年にわたる支援活動が実を結び、2000(平成12)年には職業技術訓練施設が現地に建設されました。同校と同じ、「AWA-MINAMI(安房南)洋裁学校」と名づけられ、建物正面には安房南高校の校章が掲げられた。このような高校生たちの国際貢献活動は、地域の誇りであり、日本の誇りともいえるでしょう。

なお、安房南高校は、1907(明治40)年に県下で2番目の女学校として安房郡立女子技芸学校が開校。その後千葉県立安房高等女学校を経て、創立100年の歴史をもち地域の女子教育に多大な貢献をしてきました。しかし残念なことに、2008(平成20)年春、高校統廃合により安房高校と統合し、安房南高校の歴史に幕が下ろされたものの、地球の裏側にはその校名は残っているのです。

高校生によって地域から世界に撒かれた種子が花開き、国際貢献の実が大きくなっていくためにも、当時活躍した卒業生たちが市民の一人として呼びかけ、地域の高校生をはじめ、私たちNPO法人安房文化遺産フォーラムなどが協力して「安房南ウガンダ支援活動」を地道に継続させています。


ウガンダ支援活動に関する論文はコチラ

09年2月3日 58,554
下位記事一覧
  1. アフリカ・ウガンダ交流 09年3月3日 28,268
  2. 千葉県立安房南高生のウガンダ支援(英文) 09年3月18日 46,400
  3. ウガンダ支援活動の実績 09年3月18日 12,674

特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム

旧称:南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム(2008年5月に現在の名称に変更)

〒294-0036 千葉県館山市館山1016-1さらしな館

Copyright (C) 2007 bunka-isan.awa.jp All Rights Reserved