!! 見る 聞く 学ぶ 集う 安房国(あわのくに)再発見 !! 千葉県・南房総・館山まるごと博物館

お知らせ » 記事詳細

日米の架け橋となったアワビ漁師と画家

〜小谷源之助・仲治郎と小圃千浦の足跡をたどる〜

案内チラシPDF


写真は、ユージン&キミ・コダニ父娘

【日時】2007年6月19日(火)開場12:30・開演13:00

【会場】たてやま夕日海岸ホテル(資料代・ソフトドリンク代)

【参加費】1,000円

◎スライド講演

(1)「小谷源之助・仲治郎兄弟の功績」山口正明

(2)「小圃千浦の芸術と生涯」キミ・コダニ氏(在米CA)

◎終了後、簡単なティパーティを用意します。

【主催】NPO法人南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム

【後援】館山市、館山市教育委員会、南房総市、南房総市教育委員会

たてやま海辺のまちづくり研究会、オーシャンクィーン


1897(明治30)年に房総からカリフォルニアに渡った小谷源之助・仲治郎兄弟と男あまたち。兄源之助はカリフォルニアでアワビ事業を開拓し、弟仲治郎は千倉に戻り器械式潜水技術者を養成して人材供給を行ないました。兄弟のパートナーシップは大きな功績を果たしましたが、その後カリフォルニアのアワビ漁は衰退し、戦争を経て、それぞれの家族は太平洋をはさんだまま暮らし続けることとなりました。兄弟が渡米してから110年目にあたる今年、兄源之助の末子・ユージン氏とその娘キミさんが初めて南房総を訪れ、小谷家のルーツをたどります。

同じ時代に渡米し、風光明媚なヨセミテ国立公園を描いて認められ、戦前からカリフォルニア大学バークレー校で教鞭をとり、名誉教授にまでなった日本人画家・小圃千浦(オバタチウラ)。日米開戦後に移送されたタンフォラン日系人収容所内では美術学校を開き、多くの後進に夢と希望を与えた功績をもつ千浦は、ユージン夫人ユリさんの実父です。源之助と千浦を祖父にもつキミさんは現在、ヨセミテ・アソシエーション(※)の理事として、千浦の作品管理や講演などを行ない、活躍しています。ユージン氏とキミさんの来日に合わせて、お2人の協力のもと、源之助・仲治郎兄弟と千浦画伯の足跡をたどる記念講演を行ないます。

※ ヨセミテ・アソシエーション:国立公園局と共同で、世界遺産のヨセミテ国立公園内の環境

計画・管理や教育・研究・ガイドなどを行なう組織。


添付ファイル名ファイルの説明/概要サイズ(B)
ul0430025843.pdf 案内チラシ(印刷用) 466,516
07年6月19日 8,027

特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム

旧称:南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム(2008年5月に現在の名称に変更)

〒294-0045 千葉県館山市北条1721-1

Copyright (C) 2007 bunka-isan.awa.jp All Rights Reserved