お知らせ » 記事詳細

BSテレビ東京12月1日「赤山」放送

館山のNPOが取材に対応

(房日新聞2018.11.28付)…⇒印刷用PDF

日本の歴史の謎を解く「ミステリアスジャパン」(BSテレ東、毎週土曜日午前7時半から)の取材クルーがこのほど、館山市宮城の旧海軍航空隊赤山地下壕(ごう)跡を訪れた。この日の映像は12月1日に放送される予定。

赤山地下壕は、海上自衛隊館山航空基地の南側にある。総延長約2キロの地下壕が網の目状に掘られ、このうち約200メートルが一般公開されている。

軍極秘の航空機開発、実験に関わる長距離無線通信など機密性の高い部隊が置かれた。ここには戦闘指揮所、病院、発電所などがあったと考えられている。1941年(昭和16)に日米開戦前から掘られていたという証言もある。

昭和16年6月、主に艦船に配備された兵器の操作技術を学ぶ海上戦闘兵を養成する横須賀海軍砲術学校の分校として、館山海軍砲術学校が開校した。

1万5000人いたといわれる訓練生は、北はアリューシャン列島から太平洋の南洋の島々まで出撃していった。

取材クルーに応対したNPO安房文化遺産フォーラムの池田恵美子事務局長は「館山市内だけでも47の戦争遺跡がある」と説明。


◎テーマ「巨大地下要塞と謎の直接軍政4日間 〜千葉県館山市〜」

‥⇒放送内容はコチラ


添付ファイル名ファイルの説明/概要サイズ(B)
ul1128100840.pdf 印刷用PDF 574,313
11月28日10時09分 60

特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム

旧称:南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム(2008年5月に現在の名称に変更)

〒294-0036 千葉県館山市館山1016-1さらしな館

Copyright (C) 2007 bunka-isan.awa.jp All Rights Reserved