館山まるごと博物館 » ページ詳細
■ 水産伝習所 → 水産講習所 → 東京水産大学 → 東京海洋大学

1888(明治21年、関澤明清らにより大日本水産会水産伝習所が東京に設立。1897(明治30)年に官制の水産講習所となり、1949(昭和24)年に東京水産大学、2003(平成15)年に東京商船大学と合併し、東京海洋大学となる。 1901(明治34)年に館山の実習場を開設以来、現在でも北下台に隣接した場所と坂田地区に同大学館山ステーションがある。1909(明治42)年には高ノ島実験場が竣工されたが、1930(昭和5)年に館山海軍航空隊の開隊に伴って小湊へ移転しており、現在は遺構がのこっている。


■ 安房水産高校のあゆみ

1898(明治31)年の農商務省令により、国内に相次いで水産試験場と水産講習所が設置された。千葉県では翌年に勝浦、那古(現館山市)に水産試験場が設置されたことに伴い、1903(明治36)年から県の千葉県水産講習所が発足し、水産教育がはじまった。全寮制で、2ヶ年の本科は水産学全般、研究科はさらに1年間、漁撈・製造・養殖の3科に分かれ、専門知識を修めた。当時の勉強は、朝4時に起床し八丁櫓で漕ぎ出し、その漁獲物を朝食後の授業で加工し、時に嵐となれば漂着した海藻を焼いてヨードを採り、カリ肥料をつくった。卒業生には、水産業発展に尽力したり、北洋や南洋に活躍した人が多い。1922(大正11)年の安房郡立農業水産分校を経て、翌年千葉県立安房水産学校となる。

戦後に県立阿波水産高校となるが、2008(平成20)年春、統廃合により県立館山総合高校海洋科となっている。


● 安房水産高校・初代校長の胸像

安房水産学校(現館山総合高校海洋科)では、笹子治初代校長の遺徳をたたえ、1933(昭和8)年にブロンズ胸像を建立。戦争中、銅像は軍に金属供出となったが、当時の教員により石膏型が残され、1962(昭和37)年同窓会により再建された。製作者は、後に長崎の平和記念像を製作した著名な彫刻家・北村西望である。東京美術学校(現東京芸術大学)の教授であった北村西望は、自分の作品が次々と兵器に変えられることに怒りを覚え、同校を退官し、銅像救出運動に奔走したという。

同じ時代に、せめて石膏型を残し、教育や文化への精神を守った教員の功績は大きい。これは「館山の平和祈念像」といえるのではないだろうか。


添付ファイル名ファイルの説明/概要サイズ(B)
ul1005220255.pdf 白浜村の水産講習所実習について(大場俊雄) 2,061,629
ul1005220415.pdf 高の島実験場の海女(大場俊雄) 1,109,454
09年2月3日 9,061

特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム

旧称:南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム(2008年5月に現在の名称に変更)

〒294-0036 千葉県館山市館山1016-1さらしな館

Copyright (C) 2007 bunka-isan.awa.jp All Rights Reserved