書籍紹介 » ページ詳細

『一度は訪ねてみたい戦争遺跡・本土決戦の虚像と実像』

・監修=山田朗(明治大学教授)

・編者=日吉台地下壕保存の会

・発行=高文社

・定価=1,575円

・四六判208頁

.

[要旨]

本土決戦にそなえ、国民を根こそぎ動員して造られた壕や要塞。慶應大学キャンパスの地下に掘られた「連合艦隊」最後の司令部壕はじめ、今も残る戦争の重要遺跡を各地の研究者が案内する。

.

[目次]

1. “本土決戦”とは何であったのか

2.房総半島南部における本土決戦体制

…執筆:愛沢伸雄(NPO法人安房文化遺産フォーラム)

3.本土決戦に向けた海軍連合艦隊(海軍総隊)地下壕と三浦半島

4.陸軍登戸研究所と謀略戦

5.国体護持に備えた松代大本営

6.人間の戦争遺跡・上原良司の思索

・・戦争と軍隊に関する歴史用語解説

.

11年9月1日 14,446

特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム

旧称:南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム(2008年5月に現在の名称に変更)

〒294-0036 千葉県館山市館山1016-1さらしな館

Copyright (C) 2007 bunka-isan.awa.jp All Rights Reserved