!! 見る 聞く 学ぶ 集う 安房国(あわのくに)再発見 !! 千葉県・南房総・館山まるごと博物館

館山まるごと博物館 » ページ詳細

明治期より済州島の海女が多く来日し、アワビ漁に従事していた。安房にも暮らしていた彼らは、戦後、鴨川市の長興院を墓地として埋葬した。儒教を国教とする韓国では、参詣の際には数十にのぼる墓碑をすべて供養するという。済州島大学校の趙誠倫教授は、日本国内での韓国人墓地は貴重な事例という。



◆朴基満之墓

(前)済州道水産業開拓先覚者

(脇)出身地 韓国済州道翰京面板浦里

○密陽朴家

淑夫人耽羅高氏月娥は耽羅王末老32世孫

父 高梁浩先生 母 梁明月女史 長女として

1907年6月20日済州島翰林面今滕里に於て出生

1939年3月夫朴基満と共に日本国和田浦に来る

1989年9月19日他界する 享年82歳

09年7月9日 9,555

特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム

旧称:南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム(2008年5月に現在の名称に変更)

〒294-0045 千葉県館山市北条1721-1

Copyright (C) 2007 bunka-isan.awa.jp All Rights Reserved