!! 見る 聞く 学ぶ 集う 安房国(あわのくに)再発見 !! 千葉県・南房総・館山まるごと博物館

新たな公 » ページ詳細

安房神社周辺には縄文・弥生の遺跡が多く、早くから開発された地域であることがわかりますが、両地区一帯は平安時代には安房国安房郡神戸郷と称し、安房神社を中心とする文化圏になっていました。

戦国時代から江戸時代の初めまでは里見氏が支配し、その後幕府や旗本などの領地となります。

江戸時代は大神宮・中里・松岡・南竜・北竜・犬石・佐野・藤原・洲宮・茂名・布沼・布良・相浜の13か村があり、明治7年に松岡・雨竜・北竜の各村が合併して竜岡村となりました。

明治22年に各村合併の結果、神戸村・富崎村が成立し、館山市と合併するのは昭和29年のことです。

(南房総データベース・ふるさと百科より)

10年3月9日 23,710

特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム

旧称:南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム(2008年5月に現在の名称に変更)

〒294-0036 千葉県館山市館山1016-1さらしな館

Copyright (C) 2007 bunka-isan.awa.jp All Rights Reserved