館山まるごと博物館 » ページ詳細

寺崎武男〜房総神話を描いた画家

1883(明治16)〜1967(昭和42)


寺崎武男(安房神社所蔵)

1907(明治40)年東京美術学校卒業後、農商務省実業講習生としてイタリアに渡り、ヴェニスとベルリンを本拠地として、フレスコ画(塗りたての漆喰の壁に描かれた壁画)やエッチングを学ぶ。

1916(大正5)年帰国、翌年日本水彩画会や文展に本格的な作品を出品。

1918(大正7)年、山本鼎(かなえ)らと日本創作版画協会を創立。

1930(昭和5)年、洋風版画会創立同人となり、日展無審査となる。同年、日本人初のヴェニス・ビエンナーレ国際展に入賞。この観音を主題にしたテンペラ画『幻想』は、今なおヴェニス近代美術館の壁面を飾っている。

昭和6(1931)年日本版画協会創立会員。壁画・版画・テンペラ・エッチング・水彩画・油絵など日本の美術史に多くの影響を与えた。

1949(昭和24)年、焼失した法隆寺金堂壁画のために、国宝の輪堂一面に壁画を描いた。

明治神宮の聖徳記念絵画館には『軍人勅諭下賜ノ壁画』が収蔵されている。

先に移住していた彫刻家・長沼守敬(もりよし)を慕って館山を訪れるうち、房州の海がすっかり気に入り、館山町西の浜に別荘を建て、避寒避暑がてら来遊してスケッチをし、構想を練り、多くの大作を描く。

第二次世界大戦で東京赤坂の家が焼失してからは館山に定住し、旧安房中学校(現安房高校)から美術講師として招かれ、海外仕込みの本格的な芸術を館山の若者たちに教えた。愛弟子には、画家の伊東博子・井上忠蔵・松苗禮子らがいる。

寺崎武男(布良崎神社所蔵)

神話の里・安房に惹かれ、安房神社や諏訪神社(館山市波左間)、下立松原神社(南房総市白浜町)などに、神話を題材にした作品が多く残されている。なかでも、布良崎神社の大作は、鳥居型に額装されている。

寺崎武男(布良崎神社所蔵)
14年7月18日 56

特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム

旧称:南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム(2008年5月に現在の名称に変更)

〒294-0036 千葉県館山市館山1016-1さらしな館

Copyright (C) 2007 bunka-isan.awa.jp All Rights Reserved