館山まるごと博物館 » ページ詳細

房総の海に魅せられた多くの画家や文人墨客は、たびたびこの地を訪れました。風光明媚な自然とエネルギッシュな人びとの営みに鼓舞され、多くの秀作が誕生しています。

小さな漁村・布良(めら)では、1904年に青木繁が『海の幸』(国重文)を描きました。中村彝(つね)は結核療養で訪れた館山で画家を志し、1910年に『海辺の村(白壁の家)』を描いています。

文学では、林芙美子が『房州白浜海岸』を著したほか、正岡子規、若山牧水、佐佐木信綱、島崎藤村、夏目漱石、サトウハチロウ、白鳥省吾、高田敏子らが足跡を残しています。

近年では、館山の戦跡を舞台に撮影した『赤い鯨と白い蛇』(せんぼんよしこ監督)が評判になっています。かつては、石原裕次郎の『嵐の中を突っ走れ』『錆びたナイフ』、赤木圭一郎の『海の情事に賭けろ』、美空ひばりの『ふり袖太平記』など。テレビドラマでは、『ビーチボーイズ』『世界の中心で愛を叫ぶ』 …はじめ人気作品多数。

09年2月2日 215,061
下位記事一覧
  1. 青木繁が描いた《海の幸》 09年2月2日 22,192
  2. 中村彝(つね) 《海辺の村(白壁の家)》 09年2月4日 22,888
  3. 多々羅義雄(たたらよしお) 09年2月4日 22,179
  4. 山村暮鳥(ぼちょう) 09年2月4日 22,112
  5. 小高熹郎(おだかとしろう) 09年2月4日 22,121

特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム

旧称:南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム(2008年5月に現在の名称に変更)

〒294-0036 千葉県館山市館山1016-1さらしな館

Copyright (C) 2007 bunka-isan.awa.jp All Rights Reserved