!! 見る 聞く 学ぶ 集う 安房国(あわのくに)再発見 !! 千葉県・南房総・館山まるごと博物館

新たな公 » ページ詳細

■海の男の歴史をたたえる記念碑

.

安房節の記念碑が建っている場所は、晴れた夕映え時には太平洋を行き来する船と遠く大島が見渡せ、平砂浦も一望できる地元でも自慢の景勝地でもあります。

毎年12月になると、安房節の記念碑の近くにある花壇には、海の男たちの歴史をたたえるように、真っ赤に色づいたアロエの花が咲き誇ります。緑の葉に真っ赤な花のコントラストがとても美しく、道行く人達の目を楽しませてくれます。

アロエの花が咲くこの花壇は、記念碑を建てた時に地元の人たちによって作られたものです。花壇が完成した4年後には、地元に住む鈴木馨さんが作詞した「相浜音頭」が、当時の文部大臣賞を受賞しました。その歌詞に「冬もアロエが真っ赤に咲いた」と歌われるほど見事に根づき、受賞を記念してさらに花壇が広げられました。

記念碑に刻まれた安房節の歌詞の後には、「この記念碑は祖先の偉業を顕彰し後世に残すために建立する」というメッセージが続いています。この記念碑を建てた地元の漁師さんの思いが語られています。

(南房総データベース・ふるさと百科より)

10年3月9日 21,297

特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム

旧称:南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム(2008年5月に現在の名称に変更)

〒294-0036 千葉県館山市館山1016-1さらしな館

Copyright (C) 2007 bunka-isan.awa.jp All Rights Reserved