NPO 安房文化遺産フォーラム メインコンテンツ » 印刷専用ページ

タイトル:戦国こすぷれ大会
掲載日時:2009年02月02日(月曜日) 22時36分
アドレス:http://bunka-isan.awa.jp/About/item.php?iid=41

071014里見まつり

⇒公式サイトはこちら

.

「クールジャパン」と呼ばれる日本のアニメ・ゲーム・コスプレなどの若者文化は、驚くほど世界を席捲しているといいます。

「コスプレ」とは、コスチューム・プレイの造語で「仮装」を意味します。といっても、秋葉原のメイドカフェではありません。

本物志向のコスプレイヤー(通称:レイヤー)たちは、お気に入りのアニメやゲームの登場人物そっくりに衣装を縫いあげて、自ら着用して、そのキャラクターになり切るのです。

特に。今、世の中は戦国ブーム!

戦国時代を舞台として実在の武将たちが活躍するゲーム、『戦国無双』『戦国BASARA』『信長の野望』などは、10年以上も人気を誇っているそうです。

戦国時代をこよなく愛し、歴史の勉強に精を出し、本物そっくりにお裁縫をするレイヤーたちは、できることなら、本物の城跡で武将になり切ることを望んでいるようです。


そこで、安房国が誇る『南総里見八犬伝』のふるさと

里見のまちの館山城跡を舞台に、コスプレ大会を開催することにしました。

どうなることやら。。乞うご期待!


・・・・・


ちなみにこの写真は、2007年10月13日の南総里見まつりのひとコマです。

館山市民の手作り甲冑隊に囲まれ、

中央でほほ笑む伏姫は堂本暁子千葉県知事。

となりのゝ大法師こと金碗大輔に扮するは金丸謙一館山市長。

ここに4名のレイヤー(チーム裏天竺)が、八犬伝の登場人物に扮して特別参加しました。

左側から、妙椿・玉梓・赤岩一角・船虫といった妖女・妖怪たち。

八犬伝コスプレ大会も楽しそうですね。

元のページに戻る