NPO 安房文化遺産フォーラム メインコンテンツ » 印刷専用ページ

タイトル:4章=戦場のウミホタル
掲載日時:2009年05月19日(火曜日) 23時28分
アドレス:http://bunka-isan.awa.jp/About/item.php?iid=374

(ナレーション)

「全国から供出された乾燥ウミホタルは、

陸軍第八研究所で、軍事利用のための研究がなされました。

全国で一番よくウミホタルが採れ、供出が盛んだったのは、

当時軍港だった東京湾入口の千葉県館山の海からでした。」



♪集められたウミホタルは

戦場に送られた

大きな炭俵につめられて

戦場の兵士たちは

敵と戦うだけでなく

飢えと病と そして自分と闘っていた


♪聖戦の名のもとに

多くの命が消えてゆき

たくさんの憎しみと悲しみが

生まれていた


「この粉末に少量の水をかけよ。

水のないときは唾液でも小便でもよし」


♪しかし、ウミホタルは光らなかった

その後のことは 誰も知らない

記録も なにひとつ

光ったという話も残っていない

哀しみの涙でも光らなかったのだろうか



(ナレーション)

「戦場で流された涙は、

ウミホタルの光になって、

海を染めているのかもしれません。

地上に戦争が続く限り…。」



音源はコチラ

元のページに戻る