!! 見る 聞く 学ぶ 集う 安房国(あわのくに)再発見 !! 千葉県・南房総・館山まるごと博物館

新たな公 » ページ詳細

明治時代の布良は、マグロの延縄漁が盛んでした。冬の荒波の中、厳しい自然と闘いながら、漁師の人たちがお互いを励ましあうために歌ったのが「安房節」です。

マグロの延縄漁は、江戸時代に紀州から移り住んだ漁民によって伝えられました。明治の中頃には「ヤンノー船」という大型のマグロ船がつくられ、真冬に南下してくるマグロを追って、遠く伊豆稲取沖や銚子沖まで漁場が広げられました。

明治41年には、クロマグロだけで約61トンの水揚げがあったと記録にあります。大人がまたいでも足が届かないほどの大物があったと伝えられています。

しかし、マグロの大漁で漁港が賑わう一方で、冬場に出漁するマグロ漁は、危険も多く、冬の荒海の中で遭難事故が相次ぎました。明治35年から明治44年の10年間で212人という多くの漁師が命を落としてしまいました。マグロ漁もその後は不漁が続き、漁港にはマグロの姿も少なくなってしまいました。

(南房総データベース:ふるさと百科より)


近年では不漁が続き、漁港にはマグロの姿も少なくなってしまいましたが、平成5(1993)年、地元漁師らによって「鮪延縄船・安房節発祥の地」記念碑が建立されました。現在、富崎地区では「安房節」の踊りを習得し、普及しようという活動が始まっています。「安房節」をはじめ、水産業衰退に伴い消えつつある伝統的な漁村集落の生活文化を調査研究し、記録・伝承の事業をすすめました。


10年2月13日 158,890
下位記事一覧
  1. 安房節 10年3月2日 115,766
  2. 富崎の生活文化 10年3月2日 104,187
  3. 富崎の漁業史 10年3月2日 102,612
  4. 富崎の地震と津波 10年3月2日 93,728
  5. 布良星=カノープス 12年10月18日 23,073

特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム

旧称:南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム(2008年5月に現在の名称に変更)

〒294-0036 千葉県館山市館山1016-1さらしな館

Copyright (C) 2007 bunka-isan.awa.jp All Rights Reserved