NPO 安房文化遺産フォーラム お知らせ » 印刷専用ページ

タイトル:【房日】181018*平和学ぶ拠点30万人に・赤山地下壕
掲載日時:2018年10月18日(木曜日) 17時55分
アドレス:http://bunka-isan.awa.jp/News/item.php?iid=1245

平和学ぶ拠点30万人に、戦争遺跡の赤山地下壕

17人のツアー客代表に記念品

(房日新聞2018.10.18付)‥⇒印刷用PDF

館山市の戦争遺跡「館山海軍航空隊赤山地下壕(ごう)跡」の入壕者数が30万人を達成した。30万人目はツアー客17人。17日午前、現地で記念セレモニーがあり、代表者に記念品が手渡された。

赤山地下壕跡は総延長約1・6キロの大規模な防空壕で、館山を代表する戦跡のひとつ。

平成16年度に遺跡として開壕し、戦後70年となる27年度を契機に注目を集め、入壕者が大幅に増加。新聞やテレビで数多く紹介されたことで知名度アップにつながり、29年度には入壕者数3慢8248人を記録し、過去最多を更新した。

30万人目となったのは「コープみらい地域クラブ平和を伝える会」のツアー客ら。ガイドの案内で壕内を歩いた後、記念セレモニーが開かれた。

セレモニーでは同市の出山裕之教育長やNPO法人安房文化遺産フォーラムの愛沢伸雄代表らが祝福し、記念品としてクリアファイルを手渡した。

愛沢代表は「30万人は通過点だが、地道な活動が少しずつ実ってきた成果。次の世代に文化財の魅力を伝えることで市の活性化につなげていきたい」と話した。

元のページに戻る