NPO 安房文化遺産フォーラム お知らせ » 印刷専用ページ

タイトル:【房日】180418*旧安房南高の木造校舎を愛する会メンバー20人草刈に汗
掲載日時:2018年04月18日(水曜日) 03時05分
アドレス:http://bunka-isan.awa.jp/News/item.php?iid=1203

旧安房南高の木造校舎を愛する会

メンバー20人草刈りに汗

舞台の裕次郎映画5月に上映も

(房日新聞2018.4.18付)‥➾印刷用PDF

館山市の旧安房南高木造校舎の保存活用を目指す市民グループ「安房高等女学校木造校舎を愛する会」がこのほど、敷地内の草刈りや掃除を行った。メンバーら約20人が繰り出して作業し、終了後は今後の活動などについて意見交換した。

木造2階建ての同校舎は、関東大震災後の昭和5年に建てられた。日本古来の木造建築と西洋建築を融合させたつくりが特徴で、当時の最新技術で耐震性にも優れている。

平成7年に県文化財に指定され、そのノスタルジックな姿から映画やドラマなどのロケにも活用されている。

安房高に統合された現在は、年に一度の見学会が開かれている程度で、同会がボランティアで清掃奉仕。春の陽気で周囲の雑草も生い茂ってきたことから、この日の草刈りとなった。

繰り出した会員らが手分けして1時間ほど草刈り。終わるとお茶を飲みながら、意見交換した。同校が舞台となっている石原裕次郎主演の「嵐の中を突っ走れ」の上映会を5月20日に開催することなどを確認した。

元のページに戻る