NPO 安房文化遺産フォーラム お知らせ » 印刷専用ページ

タイトル:【房日】171128*元気倶楽部で地域母親大会〜ピアノの癒しや分科会
掲載日時:2017年11月28日(火曜日) 10時30分
アドレス:http://bunka-isan.awa.jp/News/item.php?iid=1173

ピアノの癒しや分科会

元気倶楽部で母親大会

(房日新聞2017.11.28付)‥⇒印刷用PDF

第23回安房地域母親大会が12月3日午後1時半から、南房総市富浦町のとみうら元気倶楽部で開かれる。ピアニストの柳真由美さんを迎えた「ヒーリングコンサート&おしゃべりカフェ」など、2部制で展開される。「時間に追われるママの生活に彩りを」と参加を呼び掛けている。参加費は資料代として500円。

柳さんは武蔵野音楽大学大学院(ピアノ科)卒業後、渡米。サンフランシスコで演奏活動に入る。自己のレーベル「MOMO」を設立。1991年以降、7枚のオリジナルCDをリリースしている。教育者としても日米で25年間の経験があり、新ピアノリゾットを発案し、日米両国で特許を取得している。

鴨川市の亀田総合病院でソロコンサートを開いているほか、音楽リクリエーションをベースに、介護予防などにも取り組んでいる。

当日は第1部で柳さんが「ヒーリングコンサート 生活のいろどり〜音楽のある暮らし〜」として、演奏する。

第2部は2時40分から。3つの分科会に分かれる。@柳真由美さんの音楽ワークショップ(さざなみホール)A小川薫さんの子育て世代カフェ「子どもの才能ってどうやって見つけるの?」(多目的室)B新婦人館山支部の齊藤陽子さんの憲法カフェ「戦争はなぜ起こる?これから日本はどうなるの?」(交流室)――が予定されている。

母親大会は平成5年から続けられている、話し合いと出会いの場。

託児所の準備もある。大将は1歳から未就学児までで先着15人。料金は100円。

保育は要予約。託児所の申込みは、関さん(090-5762-5956)へ。

元のページに戻る