NPO 安房文化遺産フォーラム お知らせ » 印刷専用ページ

タイトル:【房日】171022*画家の大山晃一さん慈善個展、ウガンダ支援へ30万1200円
掲載日時:2017年10月22日(日曜日) 05時00分
アドレス:http://bunka-isan.awa.jp/News/item.php?iid=1163

画家の大山晃一さん慈善個展

ウガンダ支援へ30万1200円、NPO法人へ寄贈

(房日新聞2017.10.22付)‥⇒印刷用PDF

NPO法人のウガンダ支援に共鳴し、描いた作品をチャリティーで出展していた画家の大山晃一さんの個展がこのほど終了。絵画の売り上げ27万2000円、会場の募金箱2万9200円の計30万1200円が安房文化遺産フォーラム(愛沢伸雄代表)に寄贈された。

油絵の画家として9年前に館山市に移住。同市では初めての個展となった。闘病のため、自宅と施設で過ごしているが、ウガンダ支援に感動し、関係者が作品を額装するなどして、個展にこぎ着けた。

展示には大山さん買い置きの額では不足で、館山銀座通りの小林民芸店オーナーが、チャリティーの趣旨と大山作品に感銘。格別優遇で小品も額装された。

本紙報道もあって、3週間の会期中、延べ200人が来場。大山作品に魅せられた来場者が、破格の値段だったこともあって、会場の募金箱への寄付もあったという。

売上金から額代金や案内はがき印刷代、郵便切手などの経費を差し引き、残金と募金が寄付された。

贈呈は会場のギャラリー葉葉であり、恵子夫人(75)からNPO関係者に現金で手渡された。

* * *

闘病中だった大山晃一さんは17日、家族に見守られて永眠。80歳。葬儀・告別式は21日、遺言通り親族だけで執り行われた。

元のページに戻る