NPO 安房文化遺産フォーラム お知らせ » 印刷専用ページ

タイトル:170701*芝居「夢を見る」〜ふたり語り版〜 atかにた会堂
掲載日時:2017年05月16日(火曜日) 20時40分
アドレス:http://bunka-isan.awa.jp/News/item.php?iid=1119

vol.2in館山「かにた教会」

「夢を見る」〜ふたり語り版〜

印刷用PDF


【日時】2017年7月1日(土)14時・18時(全2回)
【会場】かにた婦人の村内教会堂
【料金】一般2,500円、学生1,500円

.

.

.

はじめてヘルに会ったのは1971年暮れ。

ヘルは言った。

あたしは将校さん専門の慰安婦だったんだ。


2015年夏、まだオープン前のSPACE梟門に上演され、好評を得た、

占部房子のひとり芝居『夢を見る』の作中に登場する千葉・館山の

長期婦人保護施設「かにた婦人の村」。

その敷地内に立てられた小さな教会で、

ふたりの俳優が『夢を見る』を読み語ります。

歴史の暴虐に踏みにじられ、それでも生き、

自分と、自分の「場所」を取り戻し、守ろうとする女。

『夢を見る』は、そんな、生きることしかできない女と、

彼女を取り巻くどうしようもない世界、

そして、そこに居る「私たち」の物語です。

元のページに戻る