NPO 安房文化遺産フォーラム お知らせ » 印刷専用ページ

タイトル:【房日】170304*資生堂創業者生誕地に椿植林(松岡地区)
掲載日時:2017年03月04日(土曜日) 10時10分
アドレス:http://bunka-isan.awa.jp/News/item.php?iid=1105

創業者生誕の地に椿30本(館山竜岡の松岡地区)

資生堂幹部も参加し40人で植樹

(房日新聞2017.3.4付)…⇒印刷用PDF


資生堂創業者、福原有信氏生誕の地、館山市竜岡の竜岡松岡八幡神社奥の里山に椿(ツバキ)を植える活動がこのほどあり、雑木、竹などを伐採した山の斜面に、40人が30本の苗木を植樹した。

この日は株式会社資生堂から企業文化部の田中俊宏部長、株式会社福原コーポレーション事業部の半田誠一部長が参加。田中氏は「地域の皆さまと共に創業者、福原有信に思いをはせ、とてもぜいたくな時間をすごすことができた」。半田氏は「創業者の育った自然の中で、愛沢伸雄氏の説明を受けながらのウオーキングなどで過ごせたことは、貴重な経験だった。また有信の研究が進んでいることに感謝したい」などと感想を語った。

参加者からは「あの資生堂の創業者が館山出身なのをとても誇りに思う」の声も。

主催者の地元有志「松岡椿の森を造る回」「福原有信を語り継ぐ会」の吉田茂徳会長は「林野庁の交付金をいただいてここまで整備ができた。これからも椿を植えて、松岡の里山を椿の花でいっぱいにしていきたい。ぜひ応援して」とコメント。

元のページに戻る