NPO 安房文化遺産フォーラム お知らせ » 印刷専用ページ

タイトル:【朝日】140721*銀座オマージュ展
掲載日時:2014年07月21日(月曜日) 16時30分
アドレス:http://bunka-isan.awa.jp/News/item.php?iid=900

青木繁描いた「海の幸」顕彰するオマージュ展

売上金一部、小谷家住宅修復に

(朝日新聞2014.7.21付)

洋画家青木繁(1882〜1911)と、代表作で重要文化財の「海の幸」を顕彰するオマージュ展が東京都中央区銀座4丁目の永井画廊で始まった。売上金の一部が、絵が制作された館山市布良(めら)の小谷家住宅の修復事業にあてられる。8月1日まで。

小谷家保存のために結成されたNPO法人「青木繁『海の幸』会」の画家ら60人が作品を展示、販売する。青木自身による油彩の肖像画も特別出品されている。

オマージュ展は銀座に続き、8月5日から館山市の「渚(なぎさ)の駅たてやま」と市コミュニティセンターでも開かれる。関連して7月27日には同市の千葉県南総文化ホールで石橋美術館の森山秀子学芸課長による講演とパネル討議もある。小谷家住宅の修復・保存は4月に着工し、2016年春の一般公開を目指す。

問い合わせはオマージュ展(東京)が永井画廊(03・3547・9930)、講演がNPO法人安房文化遺産フォーラム(0470・22・8271)へ。

元のページに戻る