NPO 安房文化遺産フォーラム お知らせ » 印刷専用ページ

タイトル:【赤旗】950127=朝の風、50年後のフィールドワーク
掲載日時:2004年03月01日(月曜日) 23時10分
アドレス:http://bunka-isan.awa.jp/News/item.php?iid=239

(千葉県)内陸部の安房郡三芳村には特攻兵器「桜花」の基地があった。「桜花」といえば、大型攻撃機の腹に抱きかかえられ、目標近くで切り放される人間爆弾である。大戦末期には南房総の山中からカタパルト(射出機)で射ち出して、ロケット噴射で山を越え沖合の艦船に人間もろとも突入させようとしたのである。

元のページに戻る