お知らせ » 記事詳細

青木繁が「海の幸」描いた小谷家、修復終え公開

29日から千葉・館山

(西日本新聞2016.4.7付)‥⇒印刷用PDF


福岡県久留米市出身の洋画家青木繁が1904(明治37)年に滞在し、代表作「海の幸」(国重要文化財)を描いた千葉県館山市の小谷家住宅(市有形文化財)が、修復工事を終えて29日から一般公開される。

房総半島最南端の、漁村として栄えた集落にある小谷家は、明治期に村の漁師頭などを務めた。屋根の吹き替えやなまこ壁の復元、展示の整備などを行い、約5千万円の総工費を、画家などでつくるNPO法人「青木繁『海の幸』会や、同会理事長でノーベル医学生理学賞の大村智・北里大特別名誉教授らが支援した。

29日から5月8日まで公開し、その後は土日のみ。一般200円ほか。維持のために年会費2千円の友の会も募集中。問い合わせは運営管理を行う「青木繁≪海の幸≫誕生の家と記念碑を保存する会」=0470(22)8271、awabunka@awa.or.jp


添付ファイル名ファイルの説明/概要サイズ(B)
ul0430131345.pdf 印刷用PDF 205,545
16年4月7日 4,266

特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム

旧称:南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム(2008年5月に現在の名称に変更)

〒294-0036 千葉県館山市館山1016-1さらしな館

Copyright (C) 2007 bunka-isan.awa.jp All Rights Reserved