お知らせ » 記事詳細

韓国財団がブロンズレリーフ寄贈

「海の幸」制作の小谷家に

(房日新聞2016.4.5付)‥⇒印刷用PDF


青木繁の代表作「海の幸」制作の地で、修復作業を終えて今月下旬に公開予定の小谷家住宅=館山市布良=に、海の幸を原寸大に彫刻した「刻画・海の幸」のブロンズレリーフが寄贈された。

館山美術会顧問の彫刻家・船田正廣氏が制作した塑像を、同氏と親交がある河正雄氏が理事長を務める韓国財団法人「秀林文化財団」が5枚のブロンズレリーフにした。

戦後70周年、日韓国交正常化50周年を記念した取り組みで、韓国国内3か所に加え、小谷家住宅と福岡県久留米市の青木繁の旧居の計5か所に寄贈し、日韓交流の架け橋とした。

レリーフは、すでに小谷家住宅に設置され、先月に除幕式が行われた。なお、同住宅は24日にオープニングセレモニーがあり、29日から一般公開される。

【写真説明】小谷家に設置されたブロンズレリーフと船田氏


添付ファイル名ファイルの説明/概要サイズ(B)
ul0430130056.pdf 印刷用PDF 278,967
16年4月5日 4,710

特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム

旧称:南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム(2008年5月に現在の名称に変更)

〒294-0036 千葉県館山市館山1016-1さらしな館

Copyright (C) 2007 bunka-isan.awa.jp All Rights Reserved