お知らせ » 新着記事一覧

◎報道記事は更新順に掲載しています。

一覧で見たい場合は、上左のアイコン(コメントリスト)を選択ください。

表示順: 新着順 掲載順 ランダム

千葉から語り継ぐ戦争@

白浜の艦砲射撃〜爆音轟く240発23人死傷

(東京新聞千葉房総版2014.8.13付)

⇒印刷用PDF


[ .. 全文表示へ ]

14年8月13日 3,891

青木繁没後100年

(房日新聞展望台2011.2.23付)

[ .. 全文表示へ ]

11年2月23日 2,480

(CLIP.2010.1.1.)

●海軍落下傘兵から山頭火の世界を描く版画家へ

GreatGland-Dad秋山巌木版画展&トークショー

10年1月1日 4,330

館山市布良地域の文学や歴史に触れてきました

三芳3地区社協いきいきサロン

南房総市社会福祉協議会広報誌「てんだぁ」第43号(2018年1月)

[ .. 全文表示へ ]

17年12月27日 281

◎戦後生まれが語り継ぐ

.

もう13年も前になるだろうか。当時、高校教諭だった愛沢伸雄さんと知り合い、南房総いったいの戦跡の案内を受けた。「震洋特攻基地」の穴、草むした「特攻桜花」のカタパルト発射台、掩体壕やあ香山地下壕などでも、息を呑んだ。一日案内してもらい、房州の戦跡の多さに驚いたものだ。突然の訪問に近所の人からも不審がられもした。

愛沢さんはその後もずっと、戦跡調査を続け、埋もれていた負の遺産≠世に知らしめた。最初はたった一人の地道な活動だった。私財を投げ打ち、個の時間を費やしてまで、没頭した。世界史が専門で、子どもたちに平和教育をするには、こうした調査が必要だった。学徒出陣50年、戦後50年などの節目を経て、愛沢さんの調査は拍車がかかる。やがて池田恵美子さんという賛同者も現れ、一昨年にはNPOも立ち上がる。現在、赤山地下壕は平和教育の拠点として、大勢の人を受け入れていて、館山市指定文化財にもなった。平和のために、ひたすら歩んだ愛沢さんの動きは、けっして蟷螂(とうろう)の斧ではなかったのである。

点滴穿石。当初は行政サイドにも煙たがられたが、やがてNPOの存在が地元にとって必要不可欠となる。戦跡ガイドも30人になった。この地域の活性化を考えるとき、このNPOのパワーはけっして小さくない。

池田さんはもちろん、愛沢さんも戦後生まれである。戦争を知らぬ世代が、戦跡を調査し、その保存を訴える。失礼ながら違和感はないかと、問うてみた。2人は一笑に付した。愛沢さんは言う。「確かに最初はコンクリートの施設跡や残骸の調査だった。当時のことを知る世代の方が詳しいに決まっている。だがわれわれは、地元の人がこの戦跡とどう関わったかを織り交ぜながら語り継いでいる。体験の有無の問題ではない」。体験者でなければ語れないのなら、この世には伝えられないことが山ほどある。すでに戦後生まれが日本人の4分の3を占めている現在、戦後生まれが動かなければ、平和への道は開けまい。

愛沢さんと池田さんは口をそろえる。「地元の人がどう戦争に関わり、どう平和に導いたか。地元文化を含めてそれを伝えていきたい」。NPOの名は「南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム」という。名称からして遠い将来を見据えている。愛沢さんはNPOの後継者として、自身の長女(25)を1年かけて説き伏せた。

きょう8月15日は終戦の日で、平和への思いを刻む日。戦跡調査は孤軍奮闘から、千軍万馬の輪となった。房州の未来はけっして暗くない。

06年8月15日 5,034

赤山地下壕、入壕者過去最多を更新

ツアー増え団体客が倍増

(房日新聞2018.4.7付)‥➾印刷用PDF

[ .. 全文表示へ ]

4月7日09時00分 186

■12月発刊の「図説・安房の歴史」を監修した

天野努さん

.

原始・古代から現代まで1万数千年の安房地域の歴史から100項目を選び、各項目一話の読み切り形式にまとめた一般市民向けの歴史書『図説・安房の歴史』(郷土出版社)が、12月中旬に発売されることになった。監修にあたった天野努さん(安房歴史文化研究会会長、元県立安房博物館長)に、出版の狙いや同書の特色について聞いた。

09年10月28日 4,790

●平和の組曲合唱

〜懐中電灯の代替に軍事研究されたウミホタル

…秘話題材に来月3日館山市民ら

.

(毎日新聞2005.8.31付)

05年8月31日 6,517

●6月12日(土)14時〜16時30分

●会場:南総文化ホール大ホール(館山市北条) 参加費:500円

「立て直そう!医療、立て直そう!財政、立て直そう!観光」をテーマに開催される、まちづくりシンポジウム。2部構成で、1部はまちづくりのオーソリティを迎えてのゲストスピーチで、石神正義さんと矢野学さんが登場する。石神さんは、館山市出身で中野区副区長。中野サンプラザの立て直しをはかった立役者としても知られ、立て直しの経験をふまえ「里・まち連携」を語る。もう一方の矢野さんは、数々のユニークなアイデアで活性化に取り組み全国から注目を浴びた新潟県の旧安塚町の前町長。2部は2氏のほかに大島博幸さん(館山病院総長)、平本紀久雄さん(水産学博士)、伊東万里子さん(人形劇団貝の火主宰)とによるパネル討論会。地域再生を学び、考える絶好のイベントだ。

.

問い合せ先/NPO法人安房文化遺産フォーラム

TEL/0470・22・8271

(CLIP258号/2010.6.12付)

10年6月12日 7,416

東京から40人が墓参ツアー

資生堂創業者の福原有信90回忌で 館山

[ .. 全文表示へ ]

14年4月3日 4,429

特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム

旧称:南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム(2008年5月に現在の名称に変更)

〒294-0036 千葉県館山市館山1016-1さらしな館

Copyright (C) 2007 bunka-isan.awa.jp All Rights Reserved