お知らせ » 新着記事一覧

このたびは大変お世話になり、ありがとうございました。

参加者アンケートがまとまりましたのでお送りします。

おかげさまで「参加して良かった。素晴らしいガイドだった」等々、大変好評のバス見学会となりました。

細かい点までお手数をおかけしましたが、ご親切に対応いただき、心より感謝しています。

また下記のとおりコープみらいのブログにもアップいたしました。

http://k-blog.mirai.coopnet.or.jp/2016/11/post-1a0b.html

[ .. 全文表示へ ]

16年11月7日 17,333

先日は貴重な見学や歴史について、お聞かせいただきありがとうございました。

本当に、知らない事ばかりで、見るもの聞くもの心に突き刺さりました。

歴史(過去)を知ることは、今(現在)を知ることであり、そして明日(未来)を見つめることだと痛感させられます。

慰安婦問題については、さらに実在する(していた)方々の苦しみに触れ、戦争とともに見過ごしてはならないと強く思った次第です。

看護や医療に関しても、例えばハンセン氏病の方々が、ありえないような差別をうけ、人間の尊厳が失われた歴史の中に、看護師も医師もその差別をする側にいたという事実などは、学ぶ必要があると考えています。同じような差別がエイズや感染症、そして福島の原発などと深くつながっています。授業やその他の機会の中で、伝えていきたいと思います。

最後にご案内いただいた大巌院のハングルの四面石塔も大変興味深いところでした。たまたまですが、インドの仏陀のさとりの地やドイツのディアコニーの訪問看護ステーション(同行訪問させていただきました)、ベルツ医師の生誕の地など訪れていたことが、色々な意味でつながっておりました。不思議な気持ちがしております。

今後とも、活動が継続されますよう陰ながら応援させていただきます。先日は本当にありがとうございました。

[ .. 全文表示へ ]

16年10月23日 16,603

フィールドワークでは、大変お世話になりました。

今回は、「看護歴史学会」で天羽道子氏のお話を伺い、

「かにた婦人の村」に興味感心を持ち参加をしました。

しかし、身近な地域で戦争遺跡があることに驚き、感動いたしました。

予想以上の貴重な体験学習ができましたことに、感謝申し上げます。

若い学生たちが、平和学習や歴史を学ぶ姿もうれしく思いました。

また、帰りにいただきましたDVDと資料は、内容をみましたら大変貴重なものでした。

学生にも伝えたいと思います。ありがとうございました。

どうぞ、益々の会のご発展とご活躍をお祈り申し上げます。

メールで申し訳ありませんがお礼まで。

[ .. 全文表示へ ]

16年10月23日 16,585
小6が地元で集めた宝物
館山の池田匠君
宝貝をオリジナル図鑑を

.

館山市長須賀の池田匠君(11)=北条小6年=が、同市を中心とした海岸で拾い集めたタカラガイのコレクションをまとめたガイドブック『館山のタカラガイ図鑑』を発行した。南房総で見つけることが可能なおよそ50種類のうち36種類を掲載。「この図鑑を手に収拾を楽しんでもらえれば」と池田君。

丸みを帯びた卵のような形状が特徴のタカラガイ。池田君が魅せられたのは、小学2年生の時に参加したイベントがきっかけ。海辺で活動するNPOや収集家から「タカラガイの形から貝という漢字ができたことや、世界で200種類があり館山周辺では50種類ほどが拾える」ことを教えてもらい「ワクワクして興味がわいた」。

そして父の保之さんら家族の協力で本格的な収拾活動をスタート。一時は、週末になると市内から南房総一帯の海岸に足を運び、夢中になって海岸に打ち上げられたタカラガイを探し歩いたという。

これまで集めたコレクションは36種類。中には巻貝のような形態が現れた、収拾マニア垂涎の貴重な変型フリークもある。北条小が実践している「マイプラン」と呼ばれる個人の自由研究でもテーマにしており、今でも自他ともに認める立派なタカラガイコレクターだ。

そんな池田君が不便に思っていたのが、ガイドブックがないこと。「世界中のタカラガイを紹介する本格的な図鑑ではなく、持ち運びができて、館山周辺の種類は一目でわかるものがあれば」と考えた。

◇NPOがガイドブックに仕上げる

インターネットのアルバム作成サイトを使い、全コレクションをまとめて、全20冊をつくってみたところ、コレクターやNPO法jん安房文化遺産フォーラムが高く評価。同NPOが版権を譲り受け、ローカルなガイドブックに仕上げた。

「集めたタカラガイは僕の宝物。出版してもらい小学校生活の記念になった。海岸でこの図鑑を持った人と会えたらうれしいです」と池田君。

「今度は生きたタカラガイの飼育や違う種類の貝の収拾にも挑戦しようかな」と夢を膨らませている。

A6判、64ページのポケットサイズ。カラー写真と簡単な解説で36種類のタカラガイと2つの変形フリーク、そのほかの貝やイルカの耳骨の化石なども紹介している。600円で宮沢書店と松田屋書店で販売。

(房日新聞2010.7.30付)


書籍紹介はコチラ

10年7月30日 16,115

千葉県民の日

赤山地下壕ガイドサービス


2017年6月15日(木)9:30〜12:00

※個人・小グループ向けに、赤山地下壕のガイドサービスを行います。

ガイド料=無料。入壕料無料。

[ .. 全文表示へ ]

17年6月14日 16,043

第21回戦争遺跡保存全国シンポジウム高知大会

.‥⇒※詳細の開催概要および参加申込書は最下段の添付ファイル参照


◆開催日 =2017年

・8月19日(土)全体会

・8月20日(日)分科会・閉会行事


◆会場 =高知県民文化ホール

〒780-0870 高知市本町4丁目3-30

088-824-5321


◆日程」と内容

◎8月19日(土)

@全体集会 県民文化ホールグリーンホール

12:00〜 受付

13:00〜 全体集会 開会

・主催者挨拶(実行委員長)

・記念講演 公文 豪 先生 「植木枝盛憲法草案と日本国憲法」

(休憩)

・基調報告 十菱駿武 (戦争遺跡保全国ネットワーク共同代表)

・地域報告2本(15:00〜15:40)

・閉会挨拶

15:50〜 会員総会

16:30〜 分科会打ち合わせ(運営委員)

17:00 会場閉鎖

(交流会会場へ移動)

A全国交流会(高知会館) ※会費5000円

17:30〜 受付

18:00〜 交流会


◎8月20日(日) 分科会、閉会集会 多目的室

8:30〜 受付

9:00〜15:00 分科会

分科会@:「保存運動の現状と課題」 (1Fの第11多目的室)

分科会A:「調査の方法と整備技術」 (4Fの第6多目的室)

分科会B:「平和博物館と次世代への継承」(4Fの第7第8多目的室併合)

15:10〜16:00 閉会集会(4Fの第6多目的室)

分科会報告

特別決議 大会アピール

閉会挨拶


◎8月21日(月) フィールドワーク遺跡見学会(午前中)

Aコース:前浜掩体と耐弾式通信所

9:00県民文化ホール前出発ーー高知龍馬空港着11:30--JR高知駅駅着12:10

※懐中電灯をご持参ください

[ .. 全文表示へ ]

17年7月13日 15,785

館山総合高校148人が「観光の学び」

1年生がNPOと協働で授業

(房日新聞2015.11.29付)⇒印刷用PDF

[ .. 全文表示へ ]

15年11月29日 15,407

2日間大変お世話になりました。


「現地で活躍されているスタッフの方に元気をいただいた」

「現地の方のガイド付きがよかった。関心や理解が深まる」

「千葉県のことで知らないことがたくさんあることが改めて分かった」

「館山文化 すばらしい」

「内容が濃かった」

などの感想がありました。


少ない人数になったことは少し残念でしたが、

企画をした私としては、

参加者から「よかった」「勉強になった」などと言われ、

達成感を持つことができました。

皆様のおかげです。


準備の時から丁寧な対応をしていただきありがとうございました。

おかげさまで ”充実感”を持って次の企画へ意欲的に取り組むことができます。

心から感謝を申し上げます。 謝謝

16年5月27日 15,284

港町彩る洋風外観 地域文化発信拠点に

登録有形文化財 小高記念館 館山

(千葉日報2015.11.21付)‥⇒印刷用PDF

[ .. 全文表示へ ]

15年11月21日 15,204

特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム

旧称:南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム(2008年5月に現在の名称に変更)

〒294-0036 千葉県館山市館山1016-1さらしな館

Copyright (C) 2007 bunka-isan.awa.jp All Rights Reserved