お知らせ » 新着記事一覧

「お知らせ」は以下のように分類されています。


【イベント】…NPOフォーラムが主催・共催するイベントのご案内です。

【知恵袋講座】…毎月第4火曜日午後に小高記念館でやっています。

【メディア報道】…新聞や雑誌などで紹介された記事です。

【ニュースレター】…「NPOだより」がPDFファイルでご覧になれます。

【ツアー・講演の感想】…ご来訪者から嬉しいお便りです。

【お知らせ】…その他のお知らせです。


※右上のアイコンで「タイトルリスト/コメントリスト」などの表示方法を選択できます。

表示順: 新着順 掲載順 ランダム

千葉から語り継ぐ戦後70年

米軍上陸‥自宅そばに「占領地」顔合わせるうちに親しく、学校に招待も

元館山市教育長・高橋博夫さん

印刷用PDF

[ .. 全文表示へ ]

15年8月11日 1,505

第42回歴史教育者協議会関東ブロック研究集会山梨大会

テーマ=地域登子供に根ざす社会科教育の創造


詳細&申込みはコチラ

【日時】2012年12月22日(土)〜23日(日)

【会場】石和温泉ホテル千石


【記念講演】22日(土)13:20〜15:10

・大門正克氏(横浜国立大学教授・日本近現代経済史専攻)

『「生存」を問い直す歴史学^3.11後に東北の近現代史を考える」


【地域に学ぶつどい】22日(土)19:15〜20:45

@山梨の戦争遺跡保存について

・安藤正文氏(山梨県戦争遺跡ネットワーク)

A山梨平和ミュージアムの5年間

・浅川保氏(山梨平和ミュージアム理事長)

B金子文子の生涯と朴烈事件

・佐藤宣子(山梨金子文子研究会)


【分科会】

@小学校

・河野茂(山梨)「明治40年の大水害と富士見村」

・石上徳千代(茨城)「小学生戦争学習における歴史認識の深まりについて考える」

A中学校

・望月大(山梨)「アフリカのおかれた状況と課題を考えよう」

・宮下太(山梨)「支援学校中等部の歴史学習」

・丸浜江里子(東京)「安保と沖縄をどう教えるか」

・今井省三(東京)「音楽と映像・物語を取り入れた授業」

・小堀俊夫(埼玉)「歴史学習と道徳」

・倉持重男(埼玉)「近現代史の重視と授業の課題」

B高校

・鮎沢譲(山梨)「朝鮮・中国侵略に反対した山梨出身の人物の授業」

・天野彩(東京)「自ら学ぶ力を育む、高校1年現代社会の発表学習」

・原田利昭(神奈川)「神奈川県の高校日本史必修化について」

・米山宏史(東京)「発表を通じて学び合う戦後世界現代史の授業」

・多田統一(東京)「歴史地理教育と3・11後の展望」

C平和

・望月陵(山梨)「山梨に関わる演劇創りを通して」

・愛沢伸雄(千葉)「米占領軍の館山上陸と4日間の直接軍政」

・満川尚美(東京)「大学生と文科省の放射能読本を読む」

・神山知徳(千葉)「戦争・戦後体験の聞き取り調査をどう指導したか」

・高橋裕文(茨城)「高校生は原子力事故をどうとらえたか」

D地域

・池田恵美子(千葉)「青木繁が《海の幸》を描いた漁村の地域づくり」

・大坪庄吾(東京)「大田区の教科書問題」

・高嶋伸欣(神奈川)「教科書問題」

・東海林次男(東京)「フィールドワークの楽しさ―歴史の現場に立つ」

・白鳥晃司(千葉)「ジャーナリスト杉村楚人冠と大逆事件」


【フィールドワーク】23日(日)12:20〜17:00

・山梨平和ミュージアムと七里岩地下壕をたずねる

12年11月3日 5,020

(房日新聞2010.5.5付)

黄色いレシートキャンペーン

ジャスコ館山店、買物客の善意込め

13団体に助成品贈る

.

10年5月5日 6,080

創年のまち富崎からコミュニティを考えよう!

⇒レポートは、生涯学習ブログ「たてやま発見伝」

⇒福留強先生のブログ「列島めぐりあい」

.

【日時】2012年2月4〜5日(土日)

【会場】館山市立富崎小学校体育館

【参加費】無料

.

■2月4日(土) 13:00〜15:30

@ 基調講演「35年を迎える館山市コミュニティのあゆみ」

講師:池田 勝氏

(館山市コミュニティ連絡協議会会長)

A 富崎を語る座談会

講師:福留 強氏

(聖徳大学名誉教授、全国生涯学習まちづくり協会理事長)

・嶋田博信

・村田 猛

・磯部 勲

・勢見勝美

・黒川彰宏

・出口忠明

(青木繁《海の幸》誕生の家と記念碑を保存する会役員/富崎地区コミュニティ役員・区長)

.

■討論会「みんなで考えよう!コミュニティのこれから」

2月5日(日) 9:30〜12:30

・ 青木繁《海の幸》と漁村の伝統文化を活かして、 どんなまちづくりが考えられますか?

・ 富崎地区の自慢は何ですか? どんな風習や文化を子どもたちに伝えたいと思いますか?

・ 暮らしのなかで、困っていることはありますか? どんな工夫があれば便利になるのでしょうか?

・ 老人にやさしく、子育てにやさしいまちづくりのために、

この春をもって休校≠ニなる富崎小学校は、将来どんな使い方がいいでしょうか?

… あなたのアイデアを聴かせてください。

.

【主催】青木繁《海の幸》誕生の家と記念碑を保存する会

【問合】0470-22-8271・090-6479-3498

【共催】富崎地区コミュニティ委員会、NPO安房文化遺産フォーラム、NPO全国生涯学習まちづくり協会

【後援】館山市、館山市教育委員会、館山市コミュニティ連絡協議会

.

※この事業は文化庁「文化遺産を活かした観光振興と地域活性化事業」の補助を受けて実施しています。

12年2月5日 3,901

【講師】梅園忠氏

…元安房医師会長、立て直そう館山!全市民の会会長

10年9月28日 5,059

旧安房南高で現代美術展 あすまで 館山

木造校舎活用しビエンナーレ

(房日新聞2012.10.20付)

[ .. 全文表示へ ]

12年10月20日 3,425

看護師修学資金貸付制度〜館山市

館山市は、看護師養成学校に進む学生を支援する「看護師等修学資金貸付制度」の利用を呼びかけている・

4月1日からスタートした新しい制度。これまでに問い合わせが15件ほどあり、2人が申し込みをした。担当の健康課では「制度を積極的に利用してもらい、地域の看護師確保を図りたい」としている。

安房地域の看護師不足解消が目的で、専門学校や大学など看護師養成機関への修学を側面支援。看護師を地域の手で育成しようという。安房の3市が足並みをそろえて制度化している。

館山市では月額3万円(1万円、2万円、3万円から選択)が上限で、貸付の決定を受けた月から修学終了までが期間。卒業後、市内の病院などで貸付を受けた期間以上継続して看護職に従事した場合は、返還を全額免除。市以外の安房郡市内の医療機関の場合は、半額が免除となる。

制度を受けるには条件があり、詳しくは館山市健康課(0470-23-3113)へ。

(房日新聞2011.5.3付)

11年5月3日 5,284

知恵袋講座52回目


語り手=舟津悠紀さん
テーマ=深津文雄牧師の理念と実践

参加費=200円(茶菓子・資料代)


専修大学の卒業論文として、長期婦人保護施設「かにた婦人の村」の創設者・深津文雄牧師をテーマに研究しました。

12年5月20日 4,370

2日間たいへんおせわになりました!

ありがとうございました☆

みんなとても勉強になったといって喜んでくれていたので、自分としてはうれしかったです。

今回は前回さんまとで館山に来たときより、濃い学びができたと思っています。

今回とっても感じたことは、「自分の地域を知り他者と繋がることができる」ということでした。

四面石塔から京都とつながり韓国の人々とも繋がることができる。

そのほかにも人とのつながり、地域同士とのつながりをとても感じました。

それも、自分の地域を知っていくことで開けてきているものだと思いました。

前回は平和等じっくり考える機会にもなり、地域で生きることに感動していたことを覚えています。

それと並ぶかそれ以上の学びができ、とてもいい旅行だったと思いした。

ありがとうございました!


【追伸】2009.3.14

千葉大学を卒業し、現在小学校5年生の担任をしています。

周りの先生についていくのがやっとです。

もう少し偉くなったら館山の社会科見学など提案していきたいと思っています^^;

07年9月1日 1,583

陸の孤島・豪雪の無医村であった岩手県沢内村は、多病多死に苦しんでいました。深澤晟雄村長は「人間尊重、生命尊重こそが政治の基本である」として、昭和35年から老人と乳児の医療費無料化を実現しました。その結果、全国初の「乳児死亡率ゼロ」を達成し、「自分たちで生命を守った村」として知られています。この実話をもとに、映画『いのちの山河〜日本の青空U』は制作されました。

現在、医療課題をかかえる安房地域に暮らす私たちも、この映画からヒントを得て、市民の力で何ができるのか、一緒に考えてみましょう。

.

■日時=平成22年3月6日(土)第一部14:30/第二部18:30

■会場=千葉県南総文化ホール大ホール

■チケット=前売券1,000円 (当日券1,500円)

■取扱=安房医師会協賛病院、南総文化ホール、宮沢書店、Books松田屋、鴨川書店、小高記念館

■主催=安房の地域医療を考える市民の会(問合FAX:0470-22-8271)

■後援=安房医師会

.

■ごあいさつ=安房医師会長・宮川 準

安房地域では、館山准看護学校と安房看護専門学校が相次いで閉校となり、すでに進んでいた看護師不足問題が深刻になりつつあります。病床数と看護師数は法律で定められているため、患者さんの入院を受け入れられなくなるばかりでなく、介護施設でも十分な対応ができなくなってしまいます。ますます高齢化の進む安房地域では、若者の進路や中高年の再チャレンジとして、看護職への人材養成が急務となっています。私たち医師がどんなに頑張っても、地域内で看護師を育てなければ、医療崩壊となりかねません。『いのちの山河〜日本の青空U』上映会を契機として、市民と医療従事者と行政がひとつになって力を合わせ、健康で安心な地域づくりを実現するためにも、皆さんとともに解決策を考えたいと思っています。 ご家族ご友人をお誘い合わせのうえ、ひとりでも多くの方にご鑑賞いただけますようご協力のほどお願い申し上げます。

10年3月6日 4,390

特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム

旧称:南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム(2008年5月に現在の名称に変更)

〒294-0036 千葉県館山市館山1016-1さらしな館

Copyright (C) 2007 bunka-isan.awa.jp All Rights Reserved