お知らせ » 新着記事一覧

「お知らせ」は以下のように分類されています。


【イベント】…NPOフォーラムが主催・共催するイベントのご案内です。

【知恵袋講座】…毎月第4火曜日午後に小高記念館でやっています。

【メディア報道】…新聞や雑誌などで紹介された記事です。

【ニュースレター】…「NPOだより」がPDFファイルでご覧になれます。

【ツアー・講演の感想】…ご来訪者から嬉しいお便りです。

【お知らせ】…その他のお知らせです。


※右上のアイコンで「タイトルリスト/コメントリスト」などの表示方法を選択できます。

表示順: 新着順 掲載順 ランダム

20人が貝磨き、オリジナルのペンダント

安房文化遺産フォーラム

(房日新聞2018.11.22付)‥⇒印刷用PDF

[ .. 全文表示へ ]

11月22日21時05分 140

●館山の家庭料理レシピ集を発刊

〜保健推進員らが市民から募集

07年9月21日 5,484

原寸大の青木繁「海の幸」

安房西高にブロンズレリーフ、講師の船田正廣さん制作

(房日新聞2010.4.16付)


[ .. 全文表示へ ]

10年4月16日 5,664

保険推進員が研修会

身近な歴史や文化学ぶ

(房日2011.1.14付)

.

館山市保健推進協議会はこのほど、市民の健康づくりに関する身近な相談相手となる保険推進員を対象に、地域再発見をテーマにした研修会を、同市コミュニティセンターで開いた。

「館山の自然・歴史・文化について知り、より地域に溶け込んだ活動につなげる」ことが狙い。

第9期推進員145人が参加。NPO法人安房文化遺産フォーラムの池田恵美子さんによる「まだまだある!おらがまち再発見」と題した講演に耳を傾けた。

「東京から遠い静かな土地と思っていたが、戦争の軍事拠点だったり、転地療養の地であったりと、歴史ある土地だったのですね」「まさに館山の再発見をした気分。知人に話したり、案内したりの楽しみが増えました」と推進員たち。

事務局の市健康課では「保険推進員の任期は3年で、来年4月からは第10期へとバトンタッチされる。今後も推進員が楽しく活動できるような内容で研修会を企画していきたい」と話している。

11年1月14日 5,563

椿の里・小原家庭園お花見ガーデンパーティ

期日=2015年4月11日(土)12:00〜

★要申込み

[ .. 全文表示へ ]

15年4月7日 1,944

青木繁の洋画「海の幸」描いた家、復元・保存4月着工

館山・布良の小谷家住宅

(朝日新聞2014.2.18)

.

1904(明治37)年に青木繁が洋画「海の幸」を描いた館山市布良の小谷家住宅を復元・保存する工事が4月に着工する。画家らでつくるNPO法人青木繁「海の幸」会と地元の「保存する会」、小谷家当主らが17日、小谷家で協議し、三者で取り交わす覚書の内容を決めた。一般公開は2016年春を目ざす。

協議の結果、工期は2年とし、いったん解体してから瓦や柱などの部材の状態を見極め、実施設計することなどを確認した。

工期はまず、先代当主夫婦の居室を庭に整備し、そこに移ってから母屋を解体する。母屋はできるだけ建築当初の姿に復元する。

当初見込んだ総事業費は3600万円で、「海の幸」会から市へのふるさと納税などを充てるという。

[ .. 全文表示へ ]

14年2月17日 5,332

東金ユネスコ視察でお世話になりました

高橋美代子と申します。

戦争遺跡めぐりのHPを更新致しましたので

下記アドレスにてご覧頂ければ幸いです。

URL http://www11.plala.or.jp/miyotya/syuki37.htm

06年3月12日 1,797

先日はお忙しい中、家庭教育学級にご参加いただき、ありがとうございました。参加人数は23名でした。日程や企画を考え、学校や講師の方と連絡を取り合ったり、お手紙を出したり、当日の段取りなど、細かい部分まで決めるのは大変でした。でも、保護者の皆さんが講師のお話に真剣に耳を傾けてうなずいたり、思わず「へえ〜」と言っている姿に、そんな思いも吹き飛びました。お寄せいただいた感想をまとめてみました。貴重なご意見として、今後の活動の参考にさせていただきます。


★今日のお話は、全然退屈せず、とてもテンポ良く楽しかったです。色々な館山の事が分かり、良かったです。このお話を、子供達にもして下さると自分の住んでいる地域の昔のことが分かり、勉強になると思いました。

★大変興味深く、最後まで夢中で拝聴しました。館山に生まれ育ったにもかかわらず、初めて知る事が沢山ありました。郷土に残された戦争の傷跡を目前にし、改めて平和な時代に生きていられる事の幸福をかみしめることとなりました。

★私の祖父も戦争で亡くなりました。今回の家庭教育学級がきっかけで、館山と戦争に深いつながりがある事を知りました。もう一度、戦時中の事を祖母に聞いて、子供と一緒に赤山地下壕に行ってみたいと思います。

★とてもお話が上手で、聞き入ってしまいました。私は地元出身なので、とても興味深いことばかりでした。子供にも聞かせてあげたいなと思いました。

★館山に住んで5年になりますが、こういうお話は初めて聞きました。戦争を知らない世代にとって、驚くことや衝撃的なお話もありました。改めて今、平和のありがたさを感じています。

★生まれ育った地域なのに知らないことなばりですごく勉強になり、考えさせられました。その中でも戦争の爪跡が近隣地域に多数ありびっくりしました。戦争を起こしてはいけないこと、何故いけないのかということを、子供達、そのまた子供達へと伝えていけたら良いなと思いました。

★大変貴重なお話をうかがえてありがたく思いました。今後、子供とともに郷土の歴史に関心を持ち、触れる機会を多く持ちたいと思いました。

★子供の頃から西岬に住んでいますが、こんなにも身近に戦跡が残っていることに驚きました。二度と戦争を起こさないためにも、次の世代にその悲惨さを語り継いでいくことが大事だと感じました。

★かにた婦人の村については、近くなので気になっていました。なかなか聞けないお話が聞けて良かったです。とても勉強になりました。

08年6月19日 1,739

足もとの地域から平和を考える―館山の戦跡にビックリ―

〜都教組事務職員部ニュース20(2006.2.20)



昨年は東京にて全教関ブロ交流集会が開かれ、みなさん方におたくさん参加していただきましたが、今年は千葉の館山で開催されました。東京からは都教組16名、都障教組1名、都庁職都立学校支部1名の計18名が参加、全体で50名の集会となりました。


NPO法人南房総文化財・戦跡保存活用フォーラムの愛沢伸雄理事長と池田恵美子事務局長より記念講演をしていただきました。午後は同じNPOの方にガイドをしていただき、米占領軍上陸地点、館山海軍航空隊赤山地下壕跡、戦闘機用掩体壕などをまわりました。

皆さんも館山に戦跡があるなんて、と思われると思いますが、愛沢さんたちのお話や戦跡めぐりをしてみて、首都を守るためにこんなにも館山が重要な拠点として位置づけられていたことにビックリしました。

昭和20年9月2日、東京湾上の選管ミズーリ号にて降伏文書調印式がおこなわれましたが、翌3日、米軍3,500名が上陸用舟艇を使って上陸。4日間でしたが、館山市を「直接軍政」下におきました。本土では唯一です。すべての学校は閉鎖され、市民の外出も午後7時から午前6時まで禁止されました。

館山には、航空戦略の拠点・館山海軍航空隊がおかれていました。近くに赤山地下壕がありますが、そこは天井も高く、発電所・病室・電信室・奉安殿も完備され、合計した長さが1.6Kmもある本格的なものです。しかも建設にあたっては一切民間人を使わず、秘密裏にすすめられました。現在もすぐ近くに海上自衛隊館山航空基地があり、この地下壕とはつながっているとか。

あのウミホタルが戦争に利用されていたのも初めて知りました。生徒にウミホタルを採集させ、それを粉末化し、夜間のゲリラ戦に備えて敵味方を班別する夜光塗料にしたそうです。

憲法9条が改悪されようとしている今こそ、戦跡を保存し、子供たちに語り継いでいくことが大切なんですね。

06年2月5日 1,799

南房総に戦争の傷跡をみて、9条の大切さを再確認!

.

東京3ブロック9条連合同の平和研修を、3月14日、15日両日千葉県の館山で開催しました。

南ブロック9条連は、これまで「9の日行動」で早朝駅頭ビラ配布及び国会前アピール行動を中心に活動してきました。連日のマスコミ報道では、沖縄の米軍普天間飛行場の移転問題や、核持込に関する密約問題が焦点となっていますが、沖縄の米軍基地を県外・国外と主張してきた鳩山首相は沖縄県内での調整をうかがわせるなど、沖縄県民の期待を大きく裏切る方向へと舵を切っています。

私たち南ブロック9条連は、「9条を守り広める運動」をともに行なっている仲間との交流と、平和について再度捉え返す場として、NPO法人安房文化遺産フォーラムの池田事務局長から事前学習をしていただき、赤山地下壕、「噫従軍慰安婦」石碑、128高地地下壕などを現地学習し、安房地区9条連の鈴木さんから詳しく説明をいただきました。

広大な赤山地下壕は、「捨石」とされた沖縄戦と松代地下壕とのトライアングルをなし、本土決戦の重要地点であったことや、米占領軍の本土初上陸地であり、4日間ではあっても「直接軍政」が敷かれ、戦後の占領政策がスタートした地であることが話されました。

その後、安房地区9条連の「まちかど博物館」を訪問して、林さんの出迎えをうけ、交流を深めました。

当日は、民宿「六治郎」に宿泊し、3ブロック9条連・安房地区9条連の仲間の今後の活動を更に広めていくための意見交換と親交を深め、明日への飛躍を誓い合いました。

(世界へ未来へ9条連ニュース185-2010.5.20付掲載)

10年5月23日 12,737

特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム

旧称:南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム(2008年5月に現在の名称に変更)

〒294-0036 千葉県館山市館山1016-1さらしな館

Copyright (C) 2007 bunka-isan.awa.jp All Rights Reserved