お知らせ » 新着記事一覧

「お知らせ」は以下のように分類されています。


【イベント】…NPOフォーラムが主催・共催するイベントのご案内です。

【知恵袋講座】…毎月第4火曜日午後に小高記念館でやっています。

【メディア報道】…新聞や雑誌などで紹介された記事です。

【ニュースレター】…「NPOだより」がPDFファイルでご覧になれます。

【ツアー・講演の感想】…ご来訪者から嬉しいお便りです。

【お知らせ】…その他のお知らせです。


※右上のアイコンで「タイトルリスト/コメントリスト」などの表示方法を選択できます。

表示順: 新着順 掲載順 ランダム

平安をお祈りいたします。

以前に教会の研修で館山に行った時、かにた婦人の村に地下壕があることを知りました。教会員で、かにた婦人の村に実習で学生を送っている大学教師の秋山胖(あきやまゆたか)さんが教えてくれました。

ていねいにご案内と学びの時を準備してくださってありがとうございました。集まった青年たちも働いている人が多く、事前学習会などを持てませんでした。その意味でも、座学は参加した一人一人にいろいろなことを思い出させ、これからの歩みの方向によき指針となったのではないかと思います。そして、実際に戦争をし、その備え(本土防衛、地上戦)の跡を見て、教えられ、考えることが、私にも、そして参加者にも多い時でした。

深津文雄牧師の志したことが今も生きていること、それが今もなくならないことの罪深さなどに思い至りました。

慰安婦の碑では、深津先生のご長女が仕事を中断して、後方のゲストハウスを案内してくださいました。ゲストハウスができたいきさつ、キリシタン禁制の札等々。

私個人としては、沖縄、松代、今回の館山と、地下壕は三回目になります。沖縄の人たちがなぜ地下壕に逃げなければならなかったのか、この3つの地下壕を見て、体験する時、よく分かってくるように思います。ガイドしてくださった方々にも、よろしくお伝えください。

なお、座学の時にベンポスタのお話がありましたが、私が見たビデオは「ベンポスタ共和国」―青池憲司監督、恒松龍兵さん(市川市国分在住)がカメラ撮影をした作品です。龍兵さんのお父様、恭助さんは「ちろりん村とくるみの木」の原作者で、館山の兵役につかれた方です。「礼拝と音楽」というキリスト教の小さな冊子(1995年)には、恒松龍兵さんがベンポスタについて書いています。コピーを同封しますので、参考にしてください。

長々と書いてしまいました。これからもお働きが地域のよき発信となり、一人一人が今生きていることの意味と、生きる方向性を示すことができていきますよう、祝福を祈ります。感謝まで。敬具

06年6月17日 1,385

ウガンダの人びとと暮らしの写真展

(CLIP:449〜2018.9.22付)

日時=開催中〜10月7日(日)9日時〜19時

※土曜日は17時まで、日曜祝日は13〜17時

会場=館山病院内ギャラリー

問合せ=NPO法人安房文化遺産フォーラム


安房の高校生と市民活動の協働によるアフリカ・ウガンダへの支援活動は、今年で24年目を迎える。昨年は孤児送迎用の車の購入支援をし、今夏NPOメンバー3名が現地を視察した。これまでの支援によって建てられた「安房南洋裁学校」や現地の子どもたちの写真を展示する。

[ .. 全文表示へ ]

9月22日14時40分 19

日本風俗史学会(卒業論文・修士論文発表会)


■日時=3月17 日(土) 13 :15 〜17 :10

■会場=目白大学・新宿キャンパス10 号館3階 10302 教室

(新宿区中落合4-31-1)西武新宿線 ・都営大江戸「中井 駅」徒歩 10分

■受付=開始 12 :45 〜 入場無料 入

■内容

13 :15〜 京都守護職時代の松平容保―孝明天皇との関係性―=日本大学・相川詩織

13:50〜 幕末会津藩の政治的動向―家老と公用方を中心に―=中央大学院・佐藤愛未

14 :25〜 深津文雄の思想と実践=専修大学・舟津悠紀

(休憩)

15 :15〜 弘前藩領における百姓一揆と義民論の再考察―文化年間を中心として―

=学習院 大学習院・大萱場真仁

15 :50〜 死絵の出版事情―文献史料からみる、役者の訃報と錦絵―=駒澤大学・藤川智子

16 :25〜 近世の在方における歌舞伎・浄瑠璃享受と地芝居へ影響=早稲田大学大学院・神谷朋衣


日本風俗史学会 日本風俗史学会

〒161 -8539 東京都新宿区中落合 4-31 -1

目白大学 社会学部地域科

有元修一研究室 気付

http://www.fuzokushi.jp

12年3月10日 2,120

【番組名】「BS歴史館」

【放送局】NHK-BSプレミアム

【放送予定日】2011年5月13日(金)21:00〜21:59

【再放送】2011年5月17日(火)24:00〜24:59

【再々放送】

・6月3日(金)午後9時00分〜9時58分

・6月8日(水)【7日深夜】 午前0時25分〜1時23分

http://www.nhk.or.jp/bs/t_history/

【テーマ】「それはミズーリ号から始まった〜日本の運命を分けた2日間〜」

「歴史とは現在と過去との対話である-」

かつてイギリスの著名な歴史家E.H.カ-はこう言いました。

4月から始まる新番組「BS歴史館」は、

この偉大なる言葉にインスピレーションを得た歴史番組です。

歴史という「過去」を学ぶことで、混迷した「現在」を生きるヒントを見つけ出します。



終戦記念日8月15日。

でも、世界にとっての終戦記念日はその20日あまり後の9月2日です。

それは、日本が敗戦を認めミズーリ号艦上にて降伏文書に調印した日。

実は、滞りなく終わったかと思われたこの調印式の直後、

日本は一歩間違えば国が無くなるかも知れない危うい運命にあったのです。

今回、3つの出来ごとにスポットを当て、その裏でどんなことが行われ、日本人が誇りを失わず、敗けても敗けない精神を貫いたのかを探ります。

未曾有の大震災に見舞われた日本。ガンバレ日本企画としてこの番組を視聴者に届けます。


@.証言でつづるミズーリ

世界にもテレビ中継されたミズーリ号艦上にて行われた降伏調印式。

そこに、日本の代表として立った11人の男達。彼らは、どんな想いでミズーリ号の上に立ったのか?屈辱の調印式を受け入れつつ、敗者の気骨を見せた男たちの心の内を検証する。


A.“三布告”撤回の物語

降伏調印式から6時間後、突如GHQから突きつけられた「三布告」。そこには「日本語の使用禁止」「日本円の禁止」の文字が。日本が消えてしまうかもしれなかった14時間を描きます。


B.本土で唯一、直接軍政された街

千葉県館山市は、日本の降伏後の4日間、アメリカ軍によって軍事直政をされたという。アメリカが統治する日本の姿はどういったものだったのか。

11年6月2日 12,950

東京湾をまるごと博物館に

館山とおこすかNPOがシンポ〜観光とは異なるアプローチを

(房日新聞2013.7.30付)

[ .. 全文表示へ ]

13年7月30日 4,271

海の幸記念館、GW中は開館

(房日新聞2018年4月28日付)

[ .. 全文表示へ ]

4月28日20時55分 151

【日時】2008年8月26日(火)13:30〜15:30

【会場】小高記念館

【講師】天野努さん(NPO会員)

【テーマ】ヘリテージング・ツーリズム〜近代化遺産を活かしたまちづくり

08年8月26日 4,341

・和島誠一賞受賞〜文化財保護の功績を評価

・受賞挨拶=代表:愛沢伸雄

・韓国ソウルと鳥取倉吉で講演会

・小高記念館で知恵袋講座

・無言館・窪島誠一郎氏講演会

・安房反核フェスティバル

・船田正廣:古希記念展

・第5回安房・平和のための美術展

・アメリカ占領軍の館山上陸シーン映写会

・愛沢綾子回顧展

・ウミホタル合唱団安房

・ツアーガイドのスケジュール

・国交省「新たな公」モデル事業採択


■詳細は下段のPDFファイルをご参照ください。

09年6月29日 8,849

ウガンダの子どものため活動車両を買い替えたい

河辺智美・金子麻美・小谷美紀

(房日新聞寄稿2017.8.24〜25付)‥⇒印刷用PDF

[ .. 全文表示へ ]

17年8月25日 1,724

【日時】2008年3月25日(火)13:30〜15:30

【会場】小高記念館

【講師】平本紀久雄さん(NPO会員)

【テーマ】魚の立場で海を見る〜マイワシ研究の自分史

08年3月25日 4,824

特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム

旧称:南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム(2008年5月に現在の名称に変更)

〒294-0036 千葉県館山市館山1016-1さらしな館

Copyright (C) 2007 bunka-isan.awa.jp All Rights Reserved