お知らせ » 新着記事一覧

「お知らせ」は以下のように分類されています。


【イベント】…NPOフォーラムが主催・共催するイベントのご案内です。

【知恵袋講座】…毎月第4火曜日午後に小高記念館でやっています。

【メディア報道】…新聞や雑誌などで紹介された記事です。

【ニュースレター】…「NPOだより」がPDFファイルでご覧になれます。

【ツアー・講演の感想】…ご来訪者から嬉しいお便りです。

【お知らせ】…その他のお知らせです。


※右上のアイコンで「タイトルリスト/コメントリスト」などの表示方法を選択できます。

表示順: 新着順 掲載順 ランダム

新市民伝*池田恵美子さん

NPO法人南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム事務局長

.

「東京湾要塞」から大戦を知る

.

第二次世界大戦末期、「本土決戦」に備え多くの軍事施設がつくられた千葉県の房総半島南部。「東京湾要塞」と呼ばれた。その遺跡の保存と地域の再発見を呼びかけている。

半島南部の館山で育った。家の前の直線道路は旧館山海軍航空隊の滑走路跡、遊び場は地下壕や砲台跡だった。

小学校の終わりにハワイのサマーキャンプに参加したとき、日本軍の真珠湾攻撃を教えられた。教科書で学ぶのとは違う衝撃を受け、戦争とは何かを真剣に考えた。

フェリス女学院大から保険会社などで東京に17年。体調を崩して00年、館山に戻る。地域雑誌の編集をしていた際、戦跡の調査と保存活動を続ける高校教師と出会った。

「館山の基地で訓練を受けたパイロットが真珠湾に出撃した」

「基地に近い赤山地下壕(総延長約2キロ)では、無線で太平洋全体の戦闘を指揮していたのではないか」

ふるさとが戦争で果たした役割を知った。学校の勉強だけではわからないことがある。

「子どもたちに戦跡を見てまず何かを感じてほしい」

04年、高校教師とともに戦跡を保存・活用するNPO法人を設立した。市は赤山地下壕を一般公開し、文化財に指定した。年間約1万5千人が訪れる。特攻基地などを含めた戦跡の見学コースをつくり、ガイドも養成する。

住民の歴史も掘り起こす。戦争中、地元農家は食糧増産のため栽培を禁じられた特産の花の種を隠して残した。戦争だけではない。「八犬伝」の里見氏の城跡、4言語が刻まれた江戸時代初期の石塔、渡米したアワビ漁師…。

「先人の営みに学びたい」

(編集委員:辻陽明)

06年7月29日 4,321

「平久里嶺岡の風力発電を考える会」からの緊急告知■

〜ひとりでも多くの方に知らせてください!〜

.

●平久里(南房総市)、佐久間(鋸南町)、平塚・大山平塚(鴨川市)の自治体境界線上に大規模商用風力発電所の建設計画があります。

.

南房総市(旧富山町平久里地区)井野、荒川、平塚の3ヶ所に、日本最大級(118m)の風力発電所(風車)7基の建設計画があり、事業者による申請手続きがすでに始まっています。建設地は南房総市域ですが、鋸南町佐久間地区、鴨川市平塚、平塚大山地区にも、健康被害をはじめとする生活への影響が考えられます。周辺地区住民総意による行動をもって、建設を止める必要があると我々は考えます。

同じく建設計画のある南房総市千倉町大川区・白間津区(共に反対署名が住民の過半数に到達[7/15])、影響の及ぶ白浜町では、住民による反対署名運動が起こっています。

.

●風力発電所建設による生活への影響

1.低周波音(耳に聞こえない高エネルギーの空気振動)による人体への健康被害

(各地で報告が出ています)

2.24時間続くモーター音、風切り音による騒音

3.夜間、航空機用ストロボの点滅

4.斜陽時、室内にも届く、プロペラの太陽光遮断による明滅。

5.1〜4の家畜(酪農・畜産・ペット)への影響。

6.1基分の用地に1,000〜1,500uの山林を伐採。大型重機複数台が通行できる作業用林道を広範囲に建設。

7.6の地下水(井戸・農業用水)への影響。枯渇や土泥・有害物質流入の可能性。

(作業林道建設地域全域)

8.土砂滑り(建設隣接地に土砂災害危険地帯多数)。

9.景観の変容。118mの風車による圧迫感。

.

●認定されない公害「低周波音被害」

低周波音による健康被害は科学的未解明のため、法整備が進んでいない。被害者は苦しみの中に置き去りにされている。報道でも、いくつかの番組(NHK「おはよう日本」「ほっとイブニング」、テレビ朝日「報道ステーション」ほか)によって報告されています。

※録画DVD有り。また、被害者から直接実情を聞いています。

【被害例】重度の睡眠障害、手足のしびれ、頭部(脳・耳)や胸部(呼吸器)、全身への圧迫感、全身の疲労感、精神の不安定、睡眠時の金縛り・無意識運動など。日本のみならず、世界中で風力発電による低周波被害者が苦死んでいます。

.

●建設決定まで時間がありません。

2009年7月中に認可がおり、その後すぐに着工されてしまう可能性があります。(現在の制度上、必ずしも近隣住民の同意が無くても風力発電所建設をすることは可能のようです)。「平久里嶺岡の風力発電を考える会」では、7月末(28〜30日のいずれか)までに集めた署名を携え、代表・加藤登紀子(「国連環境計画」親善大使)によって、開発不許可を求める要望書を森田健作知事に提出する考えです。大変短い期日ですので、時間の限られた署名運動となります。どうか精力的なご協力をお願いいたします。

南房総市長は、千倉の風力発電所建設計画に賛成しない旨の意見書を提出しています。=房日新聞7月14日付掲載記事=..しかし、制度上、市の同意は建設に必ずしも必要無く、予断を許さない状況です。

.

案内チラシと要望署名用紙はこちらから

※詳細は、同会の公式サイトから。



◎参照=「千倉の風力発電問題を考える会」

※【房日】090714*千倉の風力発電に反対署名…掲載記事はこちら。

※【房日】090722*根耳に水の風力発電…社説「展望台」はこちら。

09年7月21日 5,652

青木繁ゆかりの地歩く〜27日にエコウォーク

.

「海の幸」を描いた画家の青木繁が亡くなってから、来年で100年の節目を迎えるにあたり、たてやまエコツーリズム協議会(三瓶雅延会長)が27日、館山市富崎地区のゆかりの場所を歩くエコウォークを開催する。

青木繁が滞在した小谷家住宅(市指定文化財)や、没後50年に建立された海の幸記念碑などを地元のガイドとともにめぐり、画家の愛した風景と漁村文化を体感してもらう。

同地区は、かつてはマグロ延縄漁で活気づいた小さな漁村。明治時代には、青木繁がここに滞在し、代表作となる「海の幸」が誕生した。現在も、当時の暮らしの面影を色濃く残す漁村風景が多く残っている。

今回のエコウォークは、地域の歴史的環境保全に努めている同協議会のNPO法人安房文化遺産フォーラムが中心となって担当。眼前に広がる大海原を眺めながら、同フォーラムのガイドで地元の人たちとも交流する。昼食には、地元漁港で水揚げされた新鮮な魚介類を使った浜焼きが提供される。

ウォーキングは午前10時30分〜午後3時ごろまで予定。安房自然村=海の幸記念碑=小谷家住宅=布良崎神社=安房節記念碑のコースを歩く。参加費は5000円。

申し込み、問い合わせは、南総JAM事務局の井坂さん(080-6530-4553)か、いこいの村たてやまの工藤さん(0470-28-2211)まで。

10年3月13日 3,168

●レシピ集「おらがごっつお」

〜館山に伝わる伝統料理41品

.

(2007.9.1千葉日報)

07年9月1日 4,154

■平和講演会&映画会『赤い鯨と白い蛇』

…⇒詳細はコチラ

戦争の悲惨さ、平和の尊さを見つめ直し、

世界の恒久平和を願う心を次世代に伝えるため、

「平和パネル展」と「平和講演会&映画会」を実施します。

平和ネットワーク草加との共催。

安房文化遺産フォーラム事務局長の池田恵美子さんの講演

「『赤い鯨と白い蛇』誕生まで」と映画「赤い鯨と白い蛇」の上映

「赤い鯨」は特殊潜航艇(特攻の潜水艦)を意味し、

「白い蛇」は家の守り神を象徴しています。

戦時中の女性の目線から平和と命を描き、

「自分に正直に生きる」ことの難しさと大切さを

香川京子・樹木希林らが好演しています。

【日時】2010年9月4日(土)午後1時30分〜

【会場】草加市中央図書館

【問合せ】草加市人権共生課048-922-0825

10年8月12日 7,593

印刷用PDF

日時=平成25年2月23日(土)12:00〜15:30 参加費無料
会場=館山市立富崎小学校体育館

(JRバス停「相浜」徒歩5分)

.

*ワークショップ

・青木繁が滞在した明治期の富崎を知ろう!

・館山まるごと博物館

・安房南のウガンダ支援交流

・糸を紡いでみよう!

・房州地布縞帳の展示

・錬金術を体験しよう!

・ベトナムフェア

・ところてん体験試食

・旭市の津波被災報告

.

地域実践報告「3つのあ≠フまちづくり
〜青木繁《海の幸》・安房節・アジのひらき

・池田恵美子(NPO法人安房文化遺産フォーラム事務局長)

.

*シンポジウム「文化遺産を活かした館山まるごと博物館」

・愛沢伸雄 (NPO法人安房文化遺産フォーラム代表・千葉歴教協安房支部代表)

・島田吉廣 (布良崎神社神輿世話人・布良漁協組合長)

・鄭 一止 チョンイルジ(東京大学大学院韓国留学生・神奈川大学助手)

・高野良裕 (元館山病院院長・徳洲会最高顧問)


【主催】青木繁《海の幸》誕生の家と記念碑を保存する会、NPO法人安房文化遺産フォーラム

【共催】館山市富崎地区コミュニティ委員会、千葉県歴史教育者協議会

13年1月31日 4,800

韓国京畿地域博物館フォーラム

2016年5月11日(水)16:00〜18:00京畿創作センター

[ .. 全文表示へ ]

16年5月10日 10,778

●戦争遺跡、住民の力で後世に

…千葉・館山、志位委員長が視察

.

日本共産党の志位和夫委員長は29日、千葉県館山市での演説会に先立って、同市内にある旧海軍の軍事施設「赤山地下壕」を、NPO法人安房文化遺産フォーラム代表の愛沢伸雄さんの案内で視察しました。

房総半島の先端に位置する南房総・安房地域は、古代から支配権力の戦略拠点とされました。第二次世界大戦では、東京湾の入り口にあって首都・東京を守る軍事上の大きな役割を担い、数多くの戦争遺跡が残っています。

赤山地下壕は、海上自衛隊館山基地のすぐ南側に位置する通称「赤山」と呼ばれる小高い山に掘られたもの。総延長は二キロメートルにも及びます。防空砲台群の戦闘指揮所や野戦病院などがあったとみられ、全国的にも珍しい航空要塞機能をもった地下壕です。

こうした説明を受けながら、志位氏は懐中電灯で照らしながら、真剣に戦跡を見て回ります。戦後、キノコ研究家が住んでいた形跡も見られました。

視察を終えた志位氏は「このような戦争遺跡を住民の力で後世に残してゆく努力は大切なことです」と、愛沢さんに語りかけ、「素晴らしい自然のあるところに戦争の拠点をつくるなどとは、本当におろかしいことですね」と話しました。

視察には、はたの君枝、加藤英雄両衆院南関東比例予定候補も同行しました。

・・・・・・・

しんぶん赤旗サイトはこちら。

09年5月9日 2,820

◎館山のNPO「和島誠一賞」受賞

…戦争遺跡、城跡の保存評価

.

館山市のNPO法人「安房文化遺産フォーラム」(愛沢伸雄代表)が、文化財保護に功績のあった個人・団体に贈られる「第10回和島誠一賞」を受賞した。館山市の赤山地下壕をはじめとする戦争遺跡や里見氏稲村城跡などの保存と、その歴史的意義の普及に取り組んだ活動が高く評価された。

この賞は、文化財保護思想の普及に努め、神奈川県三殿台遺跡などの遺跡保存に取り組んだ考古学者・和島誠一(1909〜71)の功績をたたえ、文化財保存全国協議会(事務局・大阪市)が2000年に設立した。

同NPOは、安房地域の戦争遺跡の調査・保存などに取り組む市民有志らが設立母体で、その活動は1989年から続いている。

昭和戦争中に「海軍のまち」といわれた館山市の歴史を掘り起こして、平和学習への活用を進めたほか、96年には里見氏稲村城跡の保存運動に取り組み、1万人を超える署名を集めて、当初城跡の上に計画されていた市道建設ルートの変更を実現させた。

愛沢代表は「地域のシンボル的な里見氏の文化遺産を守れなければ、戦争遺跡などの保存もあり得ないと思い、2つの保存運動を並行して進めてきた。市民がつくりあげたものが評価されたのだと思う」と受賞の喜びを語った。

[ .. 全文表示へ ]

09年6月24日 3,748

11年ぶりに同心会展

旧館山高教諭ら8人

文化ホールに絵画や版画

.

(2010.5.21付)

.

⇒⇒開催概要はコチラへ

10年5月21日 7,859

特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム

旧称:南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム(2008年5月に現在の名称に変更)

〒294-0036 千葉県館山市館山1016-1さらしな館

Copyright (C) 2007 bunka-isan.awa.jp All Rights Reserved