!! 見る 聞く 学ぶ 集う 安房国(あわのくに)再発見 !! 千葉県・南房総・館山まるごと博物館

お知らせ » 新着記事一覧

ふくしかん旅行〜安房の文化遺産を巡る初冬の旅行

‥⇒印刷用PDF

[ .. 全文表示へ ]

18年11月18日 646

昨日お世話になりました。

特に赤山では丁寧なガイドにすっかり印象が変わり、

今まで何度となく訪れていた館山市が別の地域のように感じられました。

戦時下の誰もが極端に人権を奪われていた極限の時代に、

以前から少なからず興味がありました。

そして次にくるだろう本土決戦に備えて松代より着手が早かった防空壕が、

千葉県にあったと言うこともそれが封印されていたということが驚きでした。

もっと知りたい、知っているべき封印された事実を知りたいと思いました。


今日は市の男女共同参画推進員の会議があり、

以前「かにた婦人の村」については話してくれた友人と、

機会がありましたらゆっくりと館山市を訪れてみたいと話しました。

取り敢えず、お礼方々次の出会いを楽しみにしておりますことを、

お伝えしたかったです。ありがとうございました。

08年2月6日 1,943

このたびは、色々と有難うございました。

赤山地下壕のことを同じ千葉県内に住んでいる参加者でも知らなかった方がおられましたが、

皆様貴重な戦争遺跡を見ることができ、大変喜んでおられました。

またガイドの金久様の案内も大変わかり易く、より地下壕のことを知ることができました。

金久様にも何卒、よろしくお伝えください。


今後機会があれば、東京や神奈川などに住んでいる方々を対象に、

バスを利用して見学できればと考えております。

その時には、赤山地下壕だけでなく、他の遺跡も拝見できればと考えております。

その際には、改めてご相談させて頂き、アドバイスを頂ければ、幸甚に存じます。

今後とも何卒、よろしくお願い申し上げます。

[ .. 全文表示へ ]

06年11月22日 2,029

先日開催いたしました当組合支部の反戦・平和学習会では、

お忙しい中、私どものために貴重なお時間を割いていただき

大変ありがとうございました。

幸運にも参加できた組合員は非常に有意義な学習会であったと満足しておりました。

また参加できなかった組合員の中にも是非とも次回は参加したいと申す者までおりました。

何れに致しましても今後も引き続きこのような活動を実施する予定ですので、

その折にはよろしくお願いいたします。

最後になりましたが、バスに同行していただきましたガイドの方

(お名前がわからず申し訳ありません)にも何卒よろしくお伝えくださいますよう、

重ね重ねお願いいたします。

以上、まずは取り急ぎ御礼まで。

07年11月17日 2,038

3/8(土)にツアー見学・お話をうかがわせていただいた、

千葉大学大学院人文社会科学研究科の関根豊です。


先日はお忙しい中貴重なお話をうかがわせていただき、大変ありがとうございました。

拝聴させていただいたお話を参考に、今後とも県内の食文化や安房地方の歴史、

地域に根ざしたまちづくり事業などを勉強していきたいと考えております。

調査を進めていく中でまたお話をうかがわせていただく機会もあるかと存じますが、

その際にはぜひよろしくお願いいたします。


このたびは誠にありがとうございました。

08年3月8日 2,038

先日は大変お世話になりました。勉強交流会も食事時間を忘れるほどに、

熱意あふれるお話や豊富な経験を聞かせていただき有難うございました。

皆さんの情熱にはとても及びませんが、行政との交渉、運動へ巻き込み方など、

原則はしっかり持ちながら柔軟に対応されている様子など、

私たちはとかく行政追求型の運動になりがちですので、とても参考になりました。

また翌日には三平さんにはさまざまなご説明や、お世話になり、足の悪いものがおりましたので、

山の上まで車でいってもらうなどのご配慮や、赤山地下壕はもとより、

射撃練習場、掩体壕、米軍上陸地点、従軍慰安婦の碑、128高地の地下壕、四面石塔まで案内いただき、

多面的な戦争遺跡、世界につながる歴史的な遺跡を見せていただき、十分に満足して帰ってきました。

「ウミホタル」CDも早速拝聴し、ちいさな命さえ無意味に殺してしまう戦争の悲惨さを見事に表現され、

コンサートにまで積み上げひろげておられる運動に感動しました。

愛沢理事長の労作論文集も読ませていただきとても素晴らしい運動への指針を与えられた思いです。

まずは散り急ぎ御礼までにて、皆様の更なるご活躍をお祈りします。

これを機会に、またいろいろとご教授ご交流をお願いいたします。

06年7月15日 2,064

先日のモニターツアーでは大変お世話になりました。

貴重な場所をご案内いただき、感謝するとともに、何を残しどう伝えていくか、

また今我々はどう生きていくことが求められるのであろうか考えさせられたツアーでした。


85歳になる親戚(現存、祖母同士が姉妹関係で、その息子のため、父同士が親戚)が

この館山で訓練を受けておりました。

海軍航空隊の第一飛行隊所属時に陸戦講習に参加の命があり、参加したようです。

訓練後の20年4月には海軍本省軍令部2部3課に配属されていました。

本人健在なので、当時の様子は聞いてみようと思います。


といったことで少し身近な場所でした。

池田さんをはじめ、皆様の活動は心から応援しております。

また館山に訪問する際にはご連絡いたします。

07年10月15日 2,070

先日は本当に有り難うございました。参加者一同全然知らなかったことで,とても印象深かったようで喜んでいました。 戦争の遺跡をきちんと残し伝えていくことが、だんだんときな臭くなっていく今の世の中だからこそ、とても大切な事だと思いました。戦争の遺跡は沖縄だけでなくこんなに身近なところにもあった、よく見回してにればもっと身近にもあるかも知れないと、つくづく考えました。 夕食前には「海ホタル」を見せて頂き感激し、翌日は野島崎、千倉。マザー牧場を回って帰りました。

今後も貴重なみなさんの運動が、ますます発展することを祈っています。

有り難うございました

06年8月27日 2,080

本日は、大変お世話になりました。代表してお礼を申し上げます。

小学生の頃から住んでいる千葉県で、館山にも何度も行ったことがありましたが、

千倉のお花畑の印象が強く、そのお花栽培の禁止があったとは本当に驚きました。

これから、ゆっくりといただいた資料を読み返し、お話を思い出しつつ

理解を深めて行きたいと思っております。

機会がありましたら是非教会の中高生等にも学びをさせたいと一同話しました。

暑い中、熱心にガイドしてくださった君塚様にもよろしくお伝え下さい。

有意義な1日を、ありがとうございました。

06年7月7日 2,088

昨日は有意義な研修の機会を提供してくださり、ありがとうございました。

参加者一同、大きな満足感をもって帰途につきました。

研修を通して、観光地の影にかくれた館山の素顔を知ることができました。

勝つあてのない戦争に突き進んでいった悲惨さ、

そしてそれに対峙した人々の思いを痛いほど感じさせられました。

またそれと同時に、この思いを後世にどう伝えていくのか、

どう戦争遺跡を保存していったらよいのかという難しさも感じさせられました。


今回の研修の成果を、授業作りや地域を見つめる視点等に生かしていきたいと思います。

房総という同じ地域に住む者として、皆様の活動を大変心強く思います。

今後のますますのご活躍を参加者一同祈念しています。

今後ともまたよろしくお願いいたします。本当にありがどうございました。

07年7月31日 2,092

特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム

旧称:南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム(2008年5月に現在の名称に変更)

〒294-0045 千葉県館山市北条1721-1

Copyright (C) 2007 bunka-isan.awa.jp All Rights Reserved