持続可能なまちづくり » ページ詳細

■房日新聞■守ろう地域医療シリーズ(2009.11.14〜2009.11.25付)

【@安房の現状と課題】◇宮川準(安房医師会長)

・万全ではない救急医療体制

・看護師不足は深刻

・医療連携で3次救急守れ

・医療サイドと住民の意思疎通を

・看護師確保に奨学金制度を

【A保健所の取組】◇久保秀一(安房保健所長)

・地域全体が医療に関心を

・医師・看護師数、安房は県内トップ

・看護師の魅力、高校生に伝える

・救急医療への負担減らそう

【B救急搬送の現状】◇末村幸次(安房消防警防課長)

・適正な救急車利用を

・内房地区の小児患者対応に苦慮

・受け入れ先探し、難しいのは冬場

・搬送者の47%は軽症

【C救急医療の現場から】◇葛西猛(亀田総合病院救命救急センター長)

・3次救急支える体制を

・夷隅、長生、君津からの患者も半数

・救命センターは最後の砦

・小児科、産科の当直医がいない

【D市民サイドの動き】◇愛沢伸雄(安房地域医療を考える市民の会呼びかけ人)

・医療と市民の垣根低く

・2つの看護学校閉鎖で危機感

・支え合いの仕組み、地域でできれば

【E医療制度の現状】◇亀田信介(亀田総合病院院長)

・診療報酬など抜本改革を

・医療が多くの雇用生み出す

・税金投入で成り立つ公立病院

・公的医療担う基幹病院守れ

【F看護師不足への対応】◇亀田信介(亀田総合病院院長)

・地域ぐるみで養成を

・公立の看護学校誘致は当たり前

・民間から公立へ、地方から都会へ

・看護師養成に奨学金制度を

09年11月20日 16,560

特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム

旧称:南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム(2008年5月に現在の名称に変更)

〒294-0036 千葉県館山市館山1016-1さらしな館

Copyright (C) 2007 bunka-isan.awa.jp All Rights Reserved