安房のあらまし » ページ詳細

…まだ書きかけの項目です…

.

●安房の神話

≪館山に伝わる2つの神話≫

『高橋氏文』 という書物には、大和朝廷の日本平定のとき、ヤマトタケルの活躍で、父景行天皇が関東の豪族を従えた神話が記されている。天皇が関東へやってきたとき、安房の豪族イワカノムツカリが関東の豪族たちとともに、「淡(あわ)の水門(みなと)」でアワビ料理をもてなした。「淡の水門」は「安房の湊」とされ、館山市の平久里(へぐり)川の河口あたりではないかといわれている。海路で関東の入口にあたる安房は、日本の西にある朝廷にとって重要な場所だったと考えられる。古代から、アワビは朝廷への献上物として安房の重要な産物であり、南房総市千倉町には日本で唯一、料理の神様を祀った高家(たかべ)神社もある。

一方、『古語拾遺』 という書物には、天富命(あめのとみのみこと)が布を織るための植物を栽培に適した土地を求めて、四国・阿波国から忌部(いんべ)一族を率いて海路を東に向かい、房総半島南端に上陸したと記されている。ここは穀物や麻がよく育ったので、麻を意味する古語を名づけ、房総半島を「総(ふさ)の国」と呼んだ。とくに南部は阿波忌部氏の故郷にちなんで「安房」と名づけられ、天富命は先祖の天太玉命(あめのふとだまのみこと)を祀って、安房神社を創建したという。


09年2月8日 81,597

特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム

旧称:南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム(2008年5月に現在の名称に変更)

〒294-0036 千葉県館山市館山1016-1さらしな館

Copyright (C) 2007 bunka-isan.awa.jp All Rights Reserved