館山まるごと博物館 » ページ詳細

上野国(群馬県)を発祥とする房総里見氏は、伯耆国(鳥取県)に移封されるまで、170年間にわたって安房国(房総半島南部)を統治しました。200年後、曲亭馬琴が28年かけて書き上げた長編小説『南総里見八犬伝』は、江戸期から現代に至るまで日本中の人びとを魅了しています。

『八犬伝』の舞台である稲村城跡は、里見氏の歴史では天文の内乱がおきた地であり、戦国期の遺構にふれることができる文化遺産です。近年は市民による整備やガイドがおこなわれ、里山のウォーキングコースとして人気が高まっています。

.

房総里見氏の歴史

.

館山城下町と里見氏城跡群

.

「安房のあらまし」の【安房の歴史】項の里見氏関係

曲亭馬琴と『南総里見八犬伝』

.

■紙芝居「八犬伝」

.

■里見氏ゆかりの地

.

■里見ネットワーク交流

.

■八犬伝ワールド〜戦国こすぷれ大会

09年2月2日 265,786
下位記事一覧
  1. 房総里見氏の歴史 09年2月2日 32,465
  2. 館山城下町と里見氏城跡群 09年2月2日 38,139
  3. 曲亭馬琴と『南総里見八犬伝』 09年2月2日 32,095
  4. 紙芝居『八犬伝』 09年2月2日 33,975
  5. 里見ネットワーク交流 09年8月26日 31,072

特定非営利活動法人(NPO) 安房文化遺産フォーラム

旧称:南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム(2008年5月に現在の名称に変更)

〒294-0036 千葉県館山市館山1016-1さらしな館

Copyright (C) 2007 bunka-isan.awa.jp All Rights Reserved